MicrosoftがXbox OneのCPUを1.60GHzから1.75GHzに増強、ついにフル生産状態に入ったとも報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

MicrosoftがXbox OneのCPUを1.60GHzから1.75GHzに増強、ついにフル生産状態に入ったとも報告

ニュース 最新ニュース

今年8月初頭にもGPUのクロックスピードが800MHzから853MHzへと増加したことがMicrosoftより発表されたXbox Oneですが、新たにEntertainment Businessグループのマーケティング戦略部門Yusuf Mehdi氏がXbox OneのCPUを1.6GHzから1.75GHzで動作するよう性能を強化したと報告しました。

これはCiti Global Technologyカンファレンスに登場したMehdi氏がXbox Oneに関する最新情報として手短に伝えた情報。さらにMehdi氏は「我々は11月のローンチに向け順調に進んでいる。間もなくローンチ日を公表するだろう。つい先日フルプロダクションに入ったばかりで、今は大量のXbox Oneコンソールを生産しているよ」とも述べ、Xbox Oneの生産が本格的に始まったことを明らかにしています。

また欧州一部地域でローンチが遅れるなど、生産体制や在庫に関し不安な側面もあるのではと見てとれたXbox Oneですが、Mehdi氏は同ハードの発売が「かなり余裕のある最大規模のローンチ」になるともコメント。「今まで行ってきたXboxローンチよりも更に多いシステムを作り上げているところだ」と余裕を持ったローンチが行えるとの見方を示しています。

なお欧州地域でのローンチの遅れについては、Micorosftの製品開発部門トップAlbert Penello氏がKinectのボイスコマンドに関するローカライズが問題だと先月のgamescomにて説明していました。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 82 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: Steam“旧正月セール”が2年ぶりに復活か―非公式DBらが報告

    噂: Steam“旧正月セール”が2年ぶりに復活か―非公式DBらが報告

  2. Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

    Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

  3. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

    海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  4. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  5. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  6. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

  7. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  8. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  9. 『SOS: The Ultimate Escape』アルファテスター募集開始ー 『Dead Space』シリーズ開発者らの新作バトルロワイヤル

  10. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

アクセスランキングをもっと見る

page top