『龍が如く 維新!』バトルシステム公開、さらにトライエース開発の『ファンタシースターノヴァ』の概要が明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『龍が如く 維新!』バトルシステム公開、さらにトライエース開発の『ファンタシースターノヴァ』の概要が明らかに

セガは、「東京ゲームショウ2013」へ出展する同社のタイトルなどをまとめた特設サイトにて、『龍が如く 維新!』などの最新情報を公開しました。

家庭用ゲーム PS4
セガ 東京ゲームショウ2013 特設サイト『龍が如く 維新!』
  • セガ 東京ゲームショウ2013 特設サイト『龍が如く 維新!』
  • セガ 東京ゲームショウ2013 特設サイト『ファンタシースター ノヴァ』
セガは、「東京ゲームショウ2013」へ出展する同社のタイトルなどをまとめた特設サイトにて、『龍が如く 維新!』などの最新情報を公開しました。

2013年9月19日から22日の期間に、幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2013」。様々な企業がそれぞれソフトを出展し、ファンのみならずゲーム業界全体から注目を集めています。

各社が、来週行われる「東京ゲームショウ2013」へ向けて情報を公開していますが、このたびセガも特設サイトを設置して、出展ラインアップの発表やスタジオプログラムなどの公表を行いました。セガのラインナップだけでも2桁にのぼるタイトルを予定していますが、その出展紹介の中にある『龍が如く 維新!』と『ファンタシースター ノヴァ』に関して新たな情報が公開されていたので、紹介いたします。

「真実を越える「坂本龍馬」がここにある」 ─ 坂本龍馬と斎藤一が同一人物という大胆な発想を取り入れたPS4/PS3ソフト『龍が如く 維新!』は、日本という国が大きく変わろうとしていた幕末を舞台に、これまで培ってきた『龍が如く』シリーズの魅力や技術力をふんだんに詰め込んだスピンオフ作品です。

このたび判明したのは、ゲーム性の中核とも言えるバトル部分。ナンバリングシリーズで積み上げてきた「ケンカバトル」の爽快さはそのままに、幕末という時代設定ならではのバトルシステムとして、「刀」と「銃」に「拳」、そしてそれらを組み合わせた「4つの型」が基本となります。

これまで『龍が如く』のメインシリーズでも銃や刀は出てきましたが、あくまで補助的なものに過ぎず、ガチの殴り合いが主体でした。そのバトルシステムを継承しつつ、どのようなアクションへと進化するのか。今はこの情報を元に、想像を楽しんでおきましょう。

『ファンタシースター ノヴァ』は、セガを代表するRPG『ファンタシースター』シリーズの新たなプロジェクトとして、PS Vitaで始動するタイトル。好評サービス中のオンラインゲーム『ファンタシースターオンライン2』と世界観を共通させながらも、『ファンタシースター ノヴァ』は異なる方向性をユーザーに提供します。

このたび明かされた『ファンタシースター ノヴァ』の新情報は、アドホック通信を使った4人協力プレイの判明や、濃密に描く物語性などを重視する作りを目指しているという点。また開発は、数々の人気RPGを手がけてきたトライエースが担当とのこと。セガとトライエースがタッグを組むのは、『エンド オブ エタニティ』以来となり、この2社が生み出すシナジー効果が新たな『ファンタシースター』の可能性を広げてくれることでしょう。

既に発表されている「東京ゲームショウ2013」セガブースのタイムテーブルには、この2タイトルはもちろん、他にも多数の興味深いタイトルが名を連ねています。近隣にお住まいの方は、『龍が如く 維新!』に『ファンタシースターノヴァ』、そして多数のセガラインナップの魅力を覗きに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

『ファンタシースター ノヴァ』は2014年発売予定。価格は未定です。
『龍が如く 維新!』は2014年2月22日発売予定。価格は未定です。

(C)SEGA
《インサイド》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. コナミ50周年記念『アニバーサリーコレクション』シリーズPS4/XB1/スイッチ/Steam向け発表―あの名作が現代ハードに

    コナミ50周年記念『アニバーサリーコレクション』シリーズPS4/XB1/スイッチ/Steam向け発表―あの名作が現代ハードに

  2. 『Apex Legends』シーズン1&オクタン実装の新アプデパッチノート!チートBAN数は約50万アカウントに

    『Apex Legends』シーズン1&オクタン実装の新アプデパッチノート!チートBAN数は約50万アカウントに

  3. 『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン

    『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン

  4. 『Anthem』今後の展開が予告―"天変地異"に向けワールドイベント、ストーリーなどを開発中

  5. 『レッド・デッド・オンライン』次回アップデート内容が公開ーPK被害に対応するシステムが追加

  6. 『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』PV第4弾―6人Co-opやPvPなどの各要素を「EDF NEWS」で確認だ!

  7. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』脳汁ドバドバ!めっちゃ気持ちいい瞬間5選

  8. サンドボックスRPG『きみのまち ポルティア』国内PS4/スイッチ版を4月16日より配信

  9. 『Apex Legends』バトルパスの価格/購入方法/報酬が公式FAQに掲載―シーズン1レジェンドの調整内容も振り返る

  10. 【吉田輝和の絵日記】オンラインRPG『ディビジョン2』エージェントの救援要請から始まる共闘感が良い…

アクセスランキングをもっと見る

1
page top