J・J・エイブラムス氏が酷評を受けた『Star Trek: The Video Game』に言及、“映画版に傷をつけたのは明白” | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

J・J・エイブラムス氏が酷評を受けた『Star Trek: The Video Game』に言及、“映画版に傷をつけたのは明白”

ニュース 最新ニュース

映画『Star Trek Into Darkness』の公開に併せ、Namco BandaiよりDigital Extremes開発のスタートレックゲーム『Star Trek: The Video Game』がリリースされるも、映画の評価とは対照的な酷評を受ける結果となっていたこのゲーム版について、映画の監督を務めたJ・J・エイブラムス氏が苦言を呈しています。

GamerHubのインタビューに答えたエイブラムス氏は、ゲーム版が“大きな失望であったのは明らか”であったとして、さらにこのプロジェクトが望んでいた方向に進まないことがわかり、初期の段階で身を引いていたことを伝えています。

エイブラムス氏は“私から見てこのゲーム版は実際はシリーズにとってプラスになり、優れたゲームプレイを取り入れた刺激的で楽しい作品になる可能性があったが、むしろ本作は私の心を傷つけた作品だったと感じる。”とコメント。続けて同氏はゲーム版が世間から酷評されていることに触れ、映画に恩恵が無かったというのは明白である上に、映画に傷をつけたのは間違いないと述べています。

映画に併せたメディアミックスのゲーム展開はこれまでにも数多くの作品で利用されていますが、エイブラムス氏は映画のタイアップは題材を利用して安易に利益を得ようとした人々のマーケティング判断を感じさせるべきではないとして、タイアップ作品のゲームや映画の製作のあり方についてコメントしました。

同氏は現在、Valveの人気ゲームタイトル『Portal』や『Half-Life』の映画版を進めており、これはゲームから独立してゼロから設計されている事を伝えています。
《Round.D》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

    Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

  2. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

    海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  3. 噂: Steam“旧正月セール”が2年ぶりに復活か―非公式DBらが報告

    噂: Steam“旧正月セール”が2年ぶりに復活か―非公式DBらが報告

  4. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  5. 『SOS: The Ultimate Escape』アルファテスター募集開始ー 『Dead Space』シリーズ開発者らの新作バトルロワイヤル

  6. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  7. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  8. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

  9. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  10. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

アクセスランキングをもっと見る

page top