J・J・エイブラムス氏が酷評を受けた『Star Trek: The Video Game』に言及、“映画版に傷をつけたのは明白” | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

J・J・エイブラムス氏が酷評を受けた『Star Trek: The Video Game』に言及、“映画版に傷をつけたのは明白”

映画の評価とは対照的な酷評を受ける結果となっていたこのゲーム版『Star Trek: The Video Game』について、映画の監督を務めたJ・J・エイブラムス氏が苦言を呈しています。

ニュース 最新ニュース
映画『Star Trek Into Darkness』の公開に併せ、Namco BandaiよりDigital Extremes開発のスタートレックゲーム『Star Trek: The Video Game』がリリースされるも、映画の評価とは対照的な酷評を受ける結果となっていたこのゲーム版について、映画の監督を務めたJ・J・エイブラムス氏が苦言を呈しています。

GamerHubのインタビューに答えたエイブラムス氏は、ゲーム版が“大きな失望であったのは明らか”であったとして、さらにこのプロジェクトが望んでいた方向に進まないことがわかり、初期の段階で身を引いていたことを伝えています。

エイブラムス氏は“私から見てこのゲーム版は実際はシリーズにとってプラスになり、優れたゲームプレイを取り入れた刺激的で楽しい作品になる可能性があったが、むしろ本作は私の心を傷つけた作品だったと感じる。”とコメント。続けて同氏はゲーム版が世間から酷評されていることに触れ、映画に恩恵が無かったというのは明白である上に、映画に傷をつけたのは間違いないと述べています。

映画に併せたメディアミックスのゲーム展開はこれまでにも数多くの作品で利用されていますが、エイブラムス氏は映画のタイアップは題材を利用して安易に利益を得ようとした人々のマーケティング判断を感じさせるべきではないとして、タイアップ作品のゲームや映画の製作のあり方についてコメントしました。

同氏は現在、Valveの人気ゲームタイトル『Portal』や『Half-Life』の映画版を進めており、これはゲームから独立してゼロから設計されている事を伝えています。
《Round.D》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. クリフB、ゲーム開発からの撤退について更なるコメント―「2年間自身へ給料を支払うことはなかった」

    クリフB、ゲーム開発からの撤退について更なるコメント―「2年間自身へ給料を支払うことはなかった」

  2. 噂:Xbox Oneにディスクドライブレス新型が登場、既存パッケージ版のデジタル版への交換サービスも―海外メディア報道

    噂:Xbox Oneにディスクドライブレス新型が登場、既存パッケージ版のデジタル版への交換サービスも―海外メディア報道

  3. 『フォートナイト』がGOTY!「2018 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト―生涯功労賞は宮崎英高氏

    『フォートナイト』がGOTY!「2018 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト―生涯功労賞は宮崎英高氏

  4. ゾンビサバイバル『DayZ』が400万本セールス達成―ベータ突入後にアクティブプレイヤー増加

  5. PS Storeにて最大90%オフの「BLACK FRIDAYセール」が実施!『CoD:BO4』など150タイトル以上が対象

  6. SIE担当者「来年のE3不参加は事実。同時期にイベントを行う予定はなし」

  7. 『Fallout 76』2018年11月14日は「再生の日」―ウェストバージニア州が正式に制定

  8. 『レインボーシックス シージ』攻撃側オペレーター「Nomad」国内トレイラー!この能力は一体…

  9. 噂: 今後のSteam大型セール実施日程が判明か―非公式データベースサイトが報告

  10. 『アサシン クリード』ワインコレクションが海外発表! 各主人公をイメージしたテイスト

アクセスランキングをもっと見る

page top