『Grand Theft Auto V』のプレイ動画のアップロードなどについて米Rockstar Gamesが言及 - “基本的”には歓迎 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Grand Theft Auto V』のプレイ動画のアップロードなどについて米Rockstar Gamesが言及 - “基本的”には歓迎

ニュース 発表

海外では本日9月17日に発売となった注目作『Grand Theft Auto V(GTA V)』ですが、米公式サポートサイトにて「YouTubeなどの動画サイトへプレイ動画のアップロードを行ったり、公式サイトにあるコピーライトが入った画像を非営利ファンサイトで使用するのは問題ないのか」との質問が上がっており、Rockstar Gamesが回答しています。

サイト内では「Take-Two Interactiveも、ファンによるアップロードは基本的には歓迎している」と回答、親会社のTake-Two Interactiveが権利を所有している点を説明した上で、以下の様な注意事項を記載しています。
  • 営利目的のサイトでの、コピーライトが入った画像素材の使用や動画などのアップロードについては、削除対象となる

  • 例えば長めの動画の中で、ストーリーの前後関係を把握するために必要となるカットシーンは問題ない。ただしゲームのエンディングやストーリー上の重要なシーン、前後関係を把握するために必要でないカットシーンが収録されている動画やカットシーン単独の動画は、削除対象となる

  • 『GTA IV』でのTVショウやコメディーパフォーマンス、『Red Dead Redemption』でのサイレントムービーなどの、いわゆる“インゲーム・エンターテイメント”はゲームプレイ中に楽しんでもらいたい内容のため、削除対象となる

最終的にはケースバイケースでの判断となり、今後この方針が変更になる可能性も示唆していますが、変更となった際は必ずアナウンスを行うとのこと。また「ファンによるオリジナルの映像作品などを見るのは楽しいし、時々Rockstar Newswire(Rockstar Games公式ニュースサイト)などで、他のファンへも紹介する」と説明しており、寛容なスタンスが伺えます。また規約に関する詳細については、Take-Two Interactiveへメールで問い合わせることも可能と説明しています。

10月10日に国内で発売となる日本語字幕版については、海外版とは権利問題が異なる可能性があるため今回の内容に必ずしも当てはまるとは言えませんが、自社コンテンツを守るだけではなく、ファンの意思も大事にしているところが、ヒットの要因のひとつなのかもしれません。
《ハンゾウ@編集部》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. DMM.comが合同会社に組織変更し、DMM.comラボと合併─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

    DMM.comが合同会社に組織変更し、DMM.comラボと合併─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

  2. 関連作品3本の追加収録が決定!『くにおくん ザ・ワールド』最新情報公開

    関連作品3本の追加収録が決定!『くにおくん ザ・ワールド』最新情報公開

  3. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

    テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

  4. 『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善が予告、AR一強に終止符か

  5. HTC VIVE上位モデル「VIVE Pro」国内で正式発売ー最高のVR体験

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『RESOGUN』開発元Housemarqueが新作『STORMDIVERS』を発表!―継続的なマルチプレイ体験に

  8. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  9. 「ニコニコ動画」会員登録/ログイン無しでの動画再生が可能に、今後「ニコ生」も対応予定

  10. 『H1Z1』最盛期からプレイヤーが約91%減、後発バトロワ作品へ移行かー海外統計サイト報告

アクセスランキングをもっと見る

page top