TGS 13: ラグナ・セカとマクラーレンP1を体験できる!『Forza Motorsport 5』試遊レポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

TGS 13: ラグナ・セカとマクラーレンP1を体験できる!『Forza Motorsport 5』試遊レポ

ニュース 最新ニュース

TGS 13: ラグナ・セカとマクラーレンP1を体験できる!『Forza Motorsport 5』試遊レポ
  • TGS 13: ラグナ・セカとマクラーレンP1を体験できる!『Forza Motorsport 5』試遊レポ
日本マイクロソフトブースの注目は、なんといってもXBOX ONEタイトル。 XBOXブランドのレーシングシム最新作『Forza Motorsport 5』はそのひとつです。今回の試遊では、新たに追加された『マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカ』コースで、5台の車に乗ることができます。

    *マクラーレン P1
    *フェラーリ F12ベルリネッタ
    *メルセデス・ベンツ 300SL ガルウィング
    *フォードフォーカスST
    *Audi Sport Team Joest R18

最新作のカバーを飾るのがマクラーレンP1(日本での発売はおよそ1億円! )。革新的なハイブリッドシステムと3秒未満の0-100km/h加速を持ち、未来的なデザインとレーシング指向の技術を備えるスーパーカーながら、公道対応の市販車であるという点で、Forza 5のゲームコンセプトに今もっとも見合う車といえるのでは。

以下は公開されたばかりのトレイラー。



本作は車両よりも風景に大きな変更が見られます。ウィンドウへの光の差し込みや反射によって、風景と車両の一体感は増しています。その違いは前作と比べると歴然です。

そしてプレイヤーと車両の一体感に貢献しているのが、新しいコントローラーです。XBOX ONEより左右トリガー部分にも振動が加わりました。銃器のトリガーをイメージさせてくれるFPSはもちろん、Forza 5のようなカーシミュレータにも有効です。従来の振動を車両全体の振動のように感じながら、指先の振動を車のステアリングに伝わる振動のように感じることで、ステアを握っている感覚がより強まっているような気がしてきます。

東京ゲームショウに行かれる方に向けて、私がForza 5の試遊をおすすめする理由はこうしたことよりも「試遊機の台数が多い」「ワンプレイが長くないので回転が早い」「未発売の新型ゲーム機を体感できる」「レースゲームなので操作に悩まない」といった単純な点。『Ryse』は台数がそれほど多くないZ区分、『Titanfall』はマルチプレイの一斉入れ替え。Forza 5は個別に遊べるので、てっとり早くXBOX ONEを触りたい方にはおすすめです。
《Kako》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  2. PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

    PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

  3. 病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

    病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

  4. Quantic Dream元従業員が劣悪な職場環境を非難―同社CEOは強く否定

  5. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  6. 『HOUSE OF THE DEAD』新作プレ・ロケテスト開催決定!セガが誇るガンSTG

  7. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  8. 『MotorStorm』『Driveclub』元開発者が新作SFゲーム制作中―Unreal Engine 4採用

  9. 海外セガが謎の予告イメージを公開!―『テーマホスピタル』後継作との噂も

  10. 『GRAVITY DAZE 2』オンラインサービスが6ヶ月延長決定―2018年7月まで

アクセスランキングをもっと見る

page top