Valveが「Steam Machine」のプロトタイプスペックを公表、GPUにはGTX660からTitanなどを搭載へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valveが「Steam Machine」のプロトタイプスペックを公表、GPUにはGTX660からTitanなどを搭載へ

本日Steamの公式フォーラムにてValveより同プロトタイプ群のスペックが公表され、ミドルクラス以上のハイスペック構成が用意されることが明らかにされました。

ニュース 最新ニュース
300台のプロトタイプが2014年のリリース前に配布される予定となっているValveの新ハードウェアシリーズ「Steam Machine」ですが、本日Steamの公式フォーラムにてValveより同プロトタイプ群のスペックが公表され、ミドルクラス以上のコアゲーマー向けなハイスペック構成が用意されることが明らかにされました。
  • GPU: Nvidia Titan/ GTX 780/ GTX 760/ GTX 660
  • CPU: Intel Core i7-4770/ Core i5-4570/ Core i3
  • RAM: 16GB DDR3-1600(CPU)/ 3GB DDR5(GPU)
  • ストレージ: 1TB/ 8GBハイブリッドSSHD
  • 電源: 450ワット/80PLUS GOLD(内部電源)
  • 寸法: およそ12インチ x 12.4インチ x 高さ2.9インチ(およそ30センチ x 31センチ x 高さ7センチ)
Valveはフォーラムにて「このプロトタイプマシンはハイエンドで、高性能ボックスであり、一般的に入手可能なPCパーツにて構成している」とコメント。GPU/CPUやハードドライブに加えマザーボードさえも交換可能であり、また誰でも同様のマシンが構築できるそうで、レプリカを製作したいユーザー向けにCADファイルも配布予定だとしています。

据え置きハードのような平たいフォルムに非常にハイスペックな構成が見て取れるこのプロトタイプですが、一方でValveはこれが数千万人のSteamユーザーに向けたSteam Machineでは無く、確実に存在するリビングルーム向けハイエンドパッケージで充分な性能を発揮させたいユーザーに向けた部類のものであると説明。他の多くのSteam Machineはより低コストかつ小さなサイズで静音性を保つよう注意深くデザインしていると伝えています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』が「バットマン」とコラボ!詳細は9月21日公開の動画で

    『フォートナイト』が「バットマン」とコラボ!詳細は9月21日公開の動画で

  2. 『CODE VEIN』無料体験版アップデート!高難易度&マルチプレイ追加、製品版へのキャラクターメイキング引継ぎも

    『CODE VEIN』無料体験版アップデート!高難易度&マルチプレイ追加、製品版へのキャラクターメイキング引継ぎも

  3. Netflixオリジナル「ナルコス」原作のターンベースストラテジー『Narcos: Rise of the Cartels』発表!

    Netflixオリジナル「ナルコス」原作のターンベースストラテジー『Narcos: Rise of the Cartels』発表!

  4. 外骨格アクション『The Surge 2』ローンチトレイラー公開!発売目前のゲームの魅力たっぷり

  5. 「Cosmos」発売にともなって「VIVE」の生産は終了へ…「Pro」と「Pro Eye」は生産継続

  6. Twitchの新サービス「ギフトチェスト」が開始!Twitch Prime特典を他のユーザーにプレゼント

  7. 不気味すぎるサイケデリックパズルADV『Infini』が2020年に登場へ―無限に陥った希望が現実世界に戻る道を探す

  8. ナイトメアの予兆?『レッド・デッド・オンライン』で「ゾンビ」の目撃情報が相次ぐ

  9. 映画「ターミネーター」原作の新作FPS『Terminator: Resistance』発表!「審判の日」の30年後を描く

  10. ポストソビエトなオープンワールドMMORPG『Stalker Online』が今秋Steam配信予定

アクセスランキングをもっと見る

page top