Maxisが『SimCity』におけるオフラインモードの追加を検討中、一方都市サイズは変わらず継続へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Maxisが『SimCity』におけるオフラインモードの追加を検討中、一方都市サイズは変わらず継続へ

Maxisが公式ブログへと同作の現状について投稿し、ローンチ後よりユーザーから求められてきたオフラインモードを追加するか検討中であることが明らかにされました。

ニュース 最新ニュース
先日にもユーザー製コンテンツUGCのガイドライン草案を公開しModへの対応に歩みだした『SimCity』ですが、新たにMaxisが公式ブログへと同作の現状について投稿し、ローンチ後よりユーザーから求められてきたオフラインモードを追加するか検討中であることが明らかにされました。

Maxis EmervilleスタジオのジェネラルマネージャーPatrick Buechner氏は、「現在オフラインモードの可能性について調査する専門のチームが存在しています。これ以上の情報をいつお届け出来るかは約束できませんが、多くのプレイヤーが同モードを求めていることを我々は認知しています」とコメント。

サーバー接続問題がある中でプレイヤーに接続せずプレイする選択肢を与えたいと前向きな姿勢を示しており、また同モードが追加されればModコミュニティにとっては更なる利益になるだろうと説明しています。

■一方都市サイズはパフォーマンス問題により変更は無し

これに加え、オフラインモードと共にファンから求め続けられてきた都市サイズの拡張についてもBuechner氏は言及。元々『SimCity』は親密な都市環境の密集地帯にフォーカスしており、都市間の接続や、メトロポリスでは無く複数の街から成る地域を運営することをメインにデザインされてきたと説明したものの、やはり1つの巨大都市を築きあげたいと願うユーザーは多く居たと述べています。

Maxisはこれを受け、地形マップの作りなおしや、エージェントベースシステムのアルゴリズム調整、巨大空間でのGalssBoxエンジンプロセスを変更するなど、数ヶ月間にわたり巨大都市サイズの調査を実行。しかし数ヶ月間のテストを経た結果、やはり巨大都市サイズは提供できないとBuechner氏は断言しました。

同氏によれば、巨大サイズの都市はまず大部分のプレイヤーがロードすら出来ずまともにプレイすら出来ないというパフォーマンス面の問題に直面したと語っており、様々な環境でテストしたものの、GlassBoxエンジンでは許容範囲内にパフォーマンスを収めることが出来なかった説明しています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. アクションRPG『CODE VEIN』CS版ネットワークテストは5月31日から―ビルド構築情報も

    アクションRPG『CODE VEIN』CS版ネットワークテストは5月31日から―ビルド構築情報も

  2. リマスター版『Ghostbusters: The Video Game』が韓国の審査機関でも発見―申請者はEpic Games

    リマスター版『Ghostbusters: The Video Game』が韓国の審査機関でも発見―申請者はEpic Games

  3. 近未来レーシング『Xenon Racer』無料コンテンツアップデート第1弾実施―PC向けデモ版も配信開始

    近未来レーシング『Xenon Racer』無料コンテンツアップデート第1弾実施―PC向けデモ版も配信開始

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 『ディビジョン2』開発チーム、8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」マッチメイク非対応について説明

  6. ソニーとマイクロソフトが戦略提携、ゲームストリーミングサービスで協力【UPDATE】

  7. ARゲーム『Minecraft Earth』がモバイル向けに発表!現実世界でみんなとマインクラフト

  8. プログラミングを楽しめるスイッチ用『プチコン4 SmileBASIC』5月23日発売決定!「初心者ガイド」も新たに追加

  9. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  10. 「State of Play」で『FF7』リメイク版の新情報が発表!続報は6月に【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top