クッキー製造ゲーム『Cookie Clicker』のクローン作品『Clicking Bad』が登場、今度は薬物取引がテーマ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

クッキー製造ゲーム『Cookie Clicker』のクローン作品『Clicking Bad』が登場、今度は薬物取引がテーマ

ニュース 最新ニュース

クッキー製造ゲーム『Cookie Clicker』のクローン作品『Clicking Bad』が登場、今度は薬物取引がテーマ
  • クッキー製造ゲーム『Cookie Clicker』のクローン作品『Clicking Bad』が登場、今度は薬物取引がテーマ
ただひたすらクッキーを作り続けるだけながら、国内外で大流行を見せた無料ブラウザゲーム『Cookie Clicker』ですが、そのクッキーを薬物に変えてしまったクローン作品『Cliking Bad』が海外で新たに登場しました。

タイトルを見てピンときた方も居るかもしれませんが、同作は海外ドラマ『Breaking Bad』をモチーフにした『Cookie Clicker』クローン。『Breaking Bad』は肺がんを患った化学教師が家族にお金を残すためその知識で覚せい剤を製造し、元教え子と共に売り捌いていくというドラマ作品で、凸凹コンビが繰り広げる綱渡りのドラッグビジネスがユーモアかつブラックに描かれています。

現在ベータ版でありグラフィックもまだ実装されていない『Clicking Bad』では、プレイヤーはCookボタンをクリックすることで薬物を製造し、Sellボタンを押すことで販売します。獲得した資金にて貯蔵庫や中古VRといったドラマでお馴染みの調理場、麻薬の売人や運び屋などを購入することが可能。またアップグレードでは備品を購入して薬物の純度を上げ、さらに高品質な薬品が製造できます。



『Cookie Clicker』とは異なり製造と販売を行うことで初めて利用可能な資産が得られる『Clicking Bad』、薬物をどう売り捌くかというドラマ本編さながらのジレンマが表現されているようです。他にも同作ではビジネスを拡大していくとDEA(麻薬取締局)に逮捕される確立が上昇していくという特徴があり、この逮捕率は法律家を雇うことで抑えることができます。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

    スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

  2. 噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

    噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

  3. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

    54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  4. 『モンハン』×「デカビタC」コラボTVCMで生田斗真や池松壮亮らがハンターに!?

  5. PS4/XB1向けリマスター『Burnout Paradise Remastered』発表! 高解像度テクスチャや4Kにも対応

  6. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  7. 今さら聞けないPC版『スカイリム』ガイド ― ModやDLCで無限に広がる冒険世界

  8. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  9. 米ロードアイランド州議員が暴力的なゲームの販売に特別税を追加する法案を検討ー海外報道

  10. 不定形エイリアンとなって人間を襲う逆ホラーゲーム『Carrion』発表! 強烈なビジュアルが刺激的

アクセスランキングをもっと見る

page top