缶詰フードアートで造られた巨大“ダックハント・ドッグ”が米国にて登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

缶詰フードアートで造られた巨大“ダックハント・ドッグ”が米国にて登場

サンフランシスコにて行われた、缶詰を使った巨大アート作品を制作して競うコンテスト、“CANstruction”にて、NES(海外版ファミコン)同梱タイトルで海外のオールドゲーマーには馴染みの深い『ダックハント』の犬を制作したチームが現れました。

ゲーム文化 カルチャー
缶詰フードアートで造られた巨大“ダックハント・ドッグ”が米国にて登場
  • 缶詰フードアートで造られた巨大“ダックハント・ドッグ”が米国にて登場

サンフランシスコにて行われた、缶詰を使った巨大アート作品を制作して競うコンテスト“CANstruction”にて、NES(海外版ファミコン)同梱タイトルで海外のオールドゲーマーには馴染みの深い『ダックハント』の犬を制作したチームが現れました。

約30000缶を使って造りあげたこの巨大オブジェクトは、缶詰ラベルの色を巧みに使い分け、絶妙の組み合わせで『ダックハント』の犬が撃ち落とした鴨を確認のために見せてくれるシーンを再現しています。『ダックハント』を作ったチームの他に『ドンキーコング』をモチーフとしたオブジェクトを作ったチームもあり、これらのタイトルは米国でもビデオゲームといえばこのタイトル。と認知されていることがうかがい知れます。




フードアートで使用された缶詰は、展示後にサンフランシスコのフードバンク(生活困窮者などに配給する団体)へ寄付されるそうです。
《DOG COMIC》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去―享年95、『Marvel's Spider-Man』などのゲームにもカメオ出演

    アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去―享年95、『Marvel's Spider-Man』などのゲームにもカメオ出演

  2. 『FFXV』開発中止となったDLCを追悼する墓碑ModがSteamワークショップにて公開─安らかに眠れ…

    『FFXV』開発中止となったDLCを追悼する墓碑ModがSteamワークショップにて公開─安らかに眠れ…

  3. 年末一大イベント「The Game Awards 2018」は世界の40のビデオネットワークで配信へ―ニコニコやOPENRECでも

    年末一大イベント「The Game Awards 2018」は世界の40のビデオネットワークで配信へ―ニコニコやOPENRECでも

  4. 『Fallout』T-45パワーアーマーの実物大胸像が海外ストアにて予約開始─お値段およそ15万円!

  5. スクエニ、ベルギー地域での『メビウス ファイナルファンタジー』サービス終了を発表―「ルートボックス」問題を受け

  6. ニンテンドー・オブ・アメリカ『スマブラSP』“Mr.ゲーム&ウォッチ”の一部表現を変更―ネイティブアメリカン表現が問題視

  7. 『エースコンバットINF』コトブキヤ1/144「XFA-27」レビュー…航空機プラモの革命児【ゲーム系プラモって実際どう?】

  8. 『レインボーシックス シージ』ゲーム内の表現の変更を海外向けに告知―“アジア圏向け展開”が目的

  9. 『レッド・デッド・ リデンプション2』馬が突然焼け死ぬ呪われた道が発見される―不具合か仕様か

  10. 『Deracine(デラシネ)』発売イベントレポート──フロム・ソフトウェアが「VRで古典的なアドベンチャー」に挑む

アクセスランキングをもっと見る

page top