缶詰フードアートで造られた巨大“ダックハント・ドッグ”が米国にて登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

缶詰フードアートで造られた巨大“ダックハント・ドッグ”が米国にて登場

ゲーム文化 カルチャー

缶詰フードアートで造られた巨大“ダックハント・ドッグ”が米国にて登場
  • 缶詰フードアートで造られた巨大“ダックハント・ドッグ”が米国にて登場

サンフランシスコにて行われた、缶詰を使った巨大アート作品を制作して競うコンテスト“CANstruction”にて、NES(海外版ファミコン)同梱タイトルで海外のオールドゲーマーには馴染みの深い『ダックハント』の犬を制作したチームが現れました。

約30000缶を使って造りあげたこの巨大オブジェクトは、缶詰ラベルの色を巧みに使い分け、絶妙の組み合わせで『ダックハント』の犬が撃ち落とした鴨を確認のために見せてくれるシーンを再現しています。『ダックハント』を作ったチームの他に『ドンキーコング』をモチーフとしたオブジェクトを作ったチームもあり、これらのタイトルは米国でもビデオゲームといえばこのタイトル。と認知されていることがうかがい知れます。




フードアートで使用された缶詰は、展示後にサンフランシスコのフードバンク(生活困窮者などに配給する団体)へ寄付されるそうです。
《DOG COMIC》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 全年齢向けノベル『いえのかぎ』Steamから削除―“ペドフィリアをターゲット”と判断

    全年齢向けノベル『いえのかぎ』Steamから削除―“ペドフィリアをターゲット”と判断

  2. リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープが『RUINER』のテレビ放送権を獲得!

    リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープが『RUINER』のテレビ放送権を獲得!

  3. 「The Game Awards 2017」配信視聴者は昨年の3倍に!―その他様々な統計情報が公開

    「The Game Awards 2017」配信視聴者は昨年の3倍に!―その他様々な統計情報が公開

  4. 『オーバーウォッチ』冬イベント「ウィンター・ワンダーランド 2017」が開催!―新バトルも登場

  5. 狂気の顔面シム『Normal Human Face Simulator』降臨―閲覧注意の喰いちぎりバトル

  6. ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース

  7. エスコン風フライトACT『Project Wingman』がスゴ過ぎる―たった1人で開発中!

  8. トレーサーやガンダムも登場! 新作映画「レディ・プレイヤー1」国内向け予告編公開

  9. 『Owlboy』のアーティストが手がける『ロックマン』!FC風ファンアートが公開に

  10. 「The Game Awards 2017」に潜入!会場の熱気をフォトレポでお届け【TGA17】

アクセスランキングをもっと見る

page top