中世を舞台にした歴史戦略ストラテジー『Crusader Kings II』の新拡張“Sons of Abraham”がアナウンス | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中世を舞台にした歴史戦略ストラテジー『Crusader Kings II』の新拡張“Sons of Abraham”がアナウンス

ニュース 最新ニュース

中世を舞台にした歴史戦略ストラテジー『Crusader Kings II』の新拡張“Sons of Abraham”がアナウンス
  • 中世を舞台にした歴史戦略ストラテジー『Crusader Kings II』の新拡張“Sons of Abraham”がアナウンス
  • 中世を舞台にした歴史戦略ストラテジー『Crusader Kings II』の新拡張“Sons of Abraham”がアナウンス
  • 中世を舞台にした歴史戦略ストラテジー『Crusader Kings II』の新拡張“Sons of Abraham”がアナウンス

2012年に公開されたCrusader Kings II Launch Trailer

中世ヨーロッパを舞台に貴族となって子孫を残し、世代を重ねながらの欧州の覇者を目指すParadox Interactiveの『Crusader Kings II』。新たな拡張版として“Sons of Abraham”がParadox Interactive ForumのDev Diaryにて発表されました。



“Sons of Abraham”のDev Diary 1によると、本拡張は中世ヨーロッパにおけるキリスト教、イスラム教、ユダヤ教に焦点を当てたもになる他、“枢機卿”が追加され、枢機卿の選出には年齢、信心深さ、文化によって決まると紹介されています。さらに、枢機卿はゲームにおいて重要な役割を持つものとなり、もし多くの枢機卿を支配下に置いていたら、破門や侵略を求めることが出来なくなるそうです。また今後の要素についてもDev Diaryで発表していくとのこと。



また、これまで発売された拡張版ではイスラム勢力としてプレイ出来る“Sword of Islam”や、領土内での派閥争いや東ローマ帝国に関するイベントなど新システムを追加する“Legacy of Rome”。ヴェネツィアやジェノヴァなど共和国プレイが可能な“The Republic”、ゲーム開始年を867年からスタートすることができ、異教やゾロアスター教、ヴァイキングの指導者になれる“The Old Gods”などがリリースされています。

拡張第5弾となる『Crusader Kings II: Sons of Abraham』はPC/Mac向けに海外で2013年11月18日に配信予定です。
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

    米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  2. Naughty Dog、未発表の次回作は三人称視点ではない可能性―『ラスアス』開発秘話も

    Naughty Dog、未発表の次回作は三人称視点ではない可能性―『ラスアス』開発秘話も

  3. 硬派中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』100万本セールスを突破

    硬派中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』100万本セールスを突破

  4. 「初代ハーフライフのラスボスは自分」…ゲイブの息子グレイ・ニューウェルの海外インタビュー映像

  5. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  6. オンラインカードゲーム『アトム:時空の果て』3月29日に全サービス終了へ

  7. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  8. 噂:『GTA V』「プレミアムエディション」の存在が浮上ーストアページ発見されるも現在は削除

  9. 人気F2Pハクスラ『Path of Exile』プレイヤー数が1,300万人突破! 3月に新コンテンツ

  10. 不定形エイリアンとなって人間を襲う逆ホラーゲーム『Carrion』発表! 強烈なビジュアルが刺激的

アクセスランキングをもっと見る

page top