X GAMESメダリスト&ネット動画のカリスマ、ケン・ブロック氏と『ニード・フォー・スピード』の複数年パートナー契約に合意 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

X GAMESメダリスト&ネット動画のカリスマ、ケン・ブロック氏と『ニード・フォー・スピード』の複数年パートナー契約に合意

エレクトロニック・アーツは、世界のレーシング界にセンセーションを巻き起こしたアクションスポーツの第一人者ケン・ブロック(Ken Block)氏と、『ニード・フォー・スピード(Need for Speed)』の複数年パートナー契約に合意したと発表しました。

家庭用ゲーム PS4
エレクトロニック・アーツは、世界のレーシング界にセンセーションを巻き起こしたアクションスポーツの第一人者ケン・ブロック(Ken Block)氏と、『ニード・フォー・スピード(Need for Speed)』の複数年パートナー契約に合意したと発表しました。

ブロック氏を『ニード・フォー・スピード』シリーズのレーシングアドバイザーに迎え、同シリーズがレーシングゲームの最高峰となるべく、独自観点からアドバイスを行ってもらうとのことです。また、同シリーズはブロック氏と彼のレーシングマシン「Ford Fiesta ST 2013」のスポンサーとして、バイラル映像シリーズ最新作『Gymkhana SIX(ジムカーナ6)』の配信に、『ニード・フォー・スピード』公式サイトとYouTubeを通じて共同で取り組むとのことです。

    ■ケン・ブロック氏の紹介
    ●ケン・ブロックは2005年にラリー初参戦。そのスキルとマシンのコントロール技術で瞬く間に注目を浴び、ラリー・アメリカ選手権で「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」に堂々と輝く。以降も同シリーズに参戦し続け、通算で12勝を飾るほか、何度も表彰台に上がっている。さらに、X Gamesでも数々のメダルを獲得し、2012年のSummer X Games 18では銀メダルを獲得。
    ●ブロックはドライバーとして活躍するだけでなく、アメリカ国内の本競技推進にも取り組んでいる。鋭いブランド力とマーケティング手腕を持つブロックは、TVシリーズ『Stunt Junkies』向けに新記録を樹立するジャンプ映像や、自身も出演するDCのスノーボードビデオ『Mtn.Lab 1.5』、「Subaru TRAX STI」プロジェクトのテスト走行、そして『Gymkhana』などのバイラル映像で非常に大きな成功を収め、ラリードライバーとして世界的に有名になった。
    ●彼の『Gymkhana TWO』はAd Ageの「2009年に最も視聴されたバイラル映像第4位」に選ばれ、『Gymkhana THREE; Part 2 Ultimate Playground; l' Autodrome』は「2010年に最も視聴されたバイラル映像第6位」に選ばれた。2012年の初めには、『Gymkhana FOUR: The Hollywood Megamercial』がMarketing Magazine Australiaが選ぶ「2011年に最も視聴されたバイラルCM」となる。2012年、ブロックとDCシューズが『Gymkhana FIVE』を公開すると、同映像は初日だけで510万回、最初の週には2100万回以上の再生回数を記録した。
    ●2010年1月、彼は「モンスター・ワールド・ラリーチーム」を立ち上げてフォードと契約し、アメリカ人として初めて世界ラリー選手権に参戦。デビューした同年にWRCでアメリカ人史上2人目のポイント獲得を成し遂げる。さらに、フォードとの契約には国内レース(グローバル・ラリークロス、X Games、ラリー・アメリカ)への参戦や、ジムカーナの継続も含まれていた。
    ●2012年、ブロックはモータースポーツ市場のさらなる拡大を目指して、自身のチーム名を「フーニガン・レーシング・ディビジョン」に改名。ブロックが共同設立したDCシューズは、性能に優れたスケートボードのシューズメーカーとして世界的に人気が高く、アクションスポーツ・ブランドとしてもよく知られている。

なお、今回の複数年パートナー契約について、ケン・ブロック氏と、『ニード・フォー・スピード ライバルズ』エグゼクティブ・プロデューサー、マーカス・ニルソン氏のコメントが公開されています。

    ■ケン・ブロック氏
    EAや『ニード・フォー・スピード』とのパートナー契約はチームにとって理にかなっていた。マシンに乗って本気で限界に挑む体験をみんなに味わってもらいたいという目標を互いに目指している気がする。テンポの良さ、圧倒的なスピード、そして常識を超えた楽しさが『Gymkhana』シリーズを成功に導き、『ニード・フォー・スピード』は、その融合をうまく取り入れている。数週間後にお届けする『Gymkhana SIX』で、どのように新しいレベルに引き上げたのか皆さんにご覧いただけるのを楽しみにしている。

    ■マーカス・ニルソン氏
    彼以上に『ニード・フォー・スピード』のパートナーとして、エキサイティングでふさわしい人材は思い付かなかった。ケンはドリフトやハンドリングを極め、ストリートを実際に車のプレイグラウンドに変えてみせる。Ghost Gamesのスタッフも昔から彼の大ファンだったが、彼の協力によって、今後アドレナリンを大放出させる楽しいゲーム体験を皆さんにお届けできると確信している。




シリーズ最新作『ニード・フォー・スピード ライバルズ(Need for Speed Rivals)』は、日本国内では2013年11月21日にPlayStation 3/Xbox 360/Windows PC版が、2014年2月22日にPlayStation 4版が発売予定となっています。

Need for Speed & the ‘N’ logo are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries.
(C) 2013 Electronic Arts Inc. Trademarks belong to their respective owners. All rights reserved.
《Ten-Four》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バトルフィールドV』シングルモードの登場人物は各国の言語で話すことが明らかに

    『バトルフィールドV』シングルモードの登場人物は各国の言語で話すことが明らかに

  2. あの銃撃多重奏RPGが蘇る!『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』配信開始

    あの銃撃多重奏RPGが蘇る!『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』配信開始

  3. 『くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション』に『ダブルドラゴンI~III』収録決定!

    『くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション』に『ダブルドラゴンI~III』収録決定!

  4. 『CoD:BO4』PS4パッケージ版の国内初週売上は22.8万本―前作を超える結果に

  5. 【吉田輝和の絵日記】『CoD:BO4』己の敵は己!?TDM・ゾンビ・バトロワモードに挑戦してきた

  6. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  7. 『レッド・デッド・リデンプション2』のローンチトレイラーが明日公開! 事前ダウンロード開始時間も明らかに

  8. シリーズ最新作『ソウルキャリバーVI』PS4/XB1版が発売開始ー開発陣のコメントも

  9. 『ディアブロ III エターナルコレクション』スイッチ版が12月27日発売決定!予約受付が開始

  10. スイッチ『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり! ボーナスエディション』発売開始!妹のココだって冒険しちゃう

アクセスランキングをもっと見る

page top