宇宙ステーションシム『Spacebase DF-9』はアルファ版販売開始から2週間で40万ドルの開発費を回収 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

宇宙ステーションシム『Spacebase DF-9』はアルファ版販売開始から2週間で40万ドルの開発費を回収

Double Fineが手がける新作宇宙ステーションシミュレーター『Spacebase DF-9』に開発資金を提供しているIndie Fundは、本作がアルファ版の販売開始から2週間で400,000ドルの開発費を回収した事を発表しました。

ニュース 最新ニュース

Double Fineが手がける新作宇宙ステーションシミュレーター『Spacebase DF-9』に開発資金を提供しているIndie Fundは、本作がアルファ版の販売開始から2週間で400,000ドルの開発費を回収した事を発表しました。売り上げの内訳は85%がSteamの早期アクセス、15%がDouble Fineによる直接販売となっているそうです。

Indie Fundは主に50,000ドル~150,000ドル規模のプロジェクトを支援しており、『Spacebase DF-9』のような規模の支援は初めてとの事で、今回の成功が今後同規模のプロジェクトを支援する機会を開くマイルストーンであると語っています。

なお、『Spacebase DF-9』にはIndie Fundの他にもHumble Bundle、Hemisphere Games、make all、AppAbove Games、Adam Saltsman、The Behemoth、Morgan Webb、Rob Reidが資金を提供しています(Indie Fundは75,000ドルを提供)。

『Spacebase DF-9』はPC/Mac/Linuxを対象にアルファ版が配信中。価格は25ドル~250ドルまで幅広い層が用意されています。先週にはAlpha 2がリリースされており、新たな特徴を紹介する映像も公開されているので気になる方は要チェックです。

《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ダンガンロンパ』の小高和剛氏による最新作『Death Come True』発表!ジャンルは“実写ムービーゲーム”に―カウントダウンサイトも公開中

    『ダンガンロンパ』の小高和剛氏による最新作『Death Come True』発表!ジャンルは“実写ムービーゲーム”に―カウントダウンサイトも公開中

  2. 日本一ソフトウェア最新作『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』発表!汚染された世界で人類最後の少女「トリコ」を世話するローグライクRPG

    日本一ソフトウェア最新作『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』発表!汚染された世界で人類最後の少女「トリコ」を世話するローグライクRPG

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. 任天堂、『リングフィット アドベンチャー』品薄についてお詫び―年末に向けて出荷数を増加

  5. 『Pathfinder: Wrath of the Righteous』発表!TRPG世界観のRPGシリーズ新作

  6. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. 『DEATH STRANDING』コレクターズエディション開封の儀!BBポッドの圧倒的存在感、小旅行にも使えるBRIDGESケースなどが同梱

  9. 『鉄拳7』「ザフィーナ」&完全新規キャラ「LEROY SMITH」発表―シーズンパス3は9月より配信

  10. 『FF7 リメイク』マテリアや召喚獣を加えたバトルシステムを公開!対アプス戦の映像で新要素をまとめてチェック

アクセスランキングをもっと見る

1
page top