宇宙ステーションシム『Spacebase DF-9』はアルファ版販売開始から2週間で40万ドルの開発費を回収 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

宇宙ステーションシム『Spacebase DF-9』はアルファ版販売開始から2週間で40万ドルの開発費を回収

Double Fineが手がける新作宇宙ステーションシミュレーター『Spacebase DF-9』に開発資金を提供しているIndie Fundは、本作がアルファ版の販売開始から2週間で400,000ドルの開発費を回収した事を発表しました。

ニュース 最新ニュース

Double Fineが手がける新作宇宙ステーションシミュレーター『Spacebase DF-9』に開発資金を提供しているIndie Fundは、本作がアルファ版の販売開始から2週間で400,000ドルの開発費を回収した事を発表しました。売り上げの内訳は85%がSteamの早期アクセス、15%がDouble Fineによる直接販売となっているそうです。

Indie Fundは主に50,000ドル~150,000ドル規模のプロジェクトを支援しており、『Spacebase DF-9』のような規模の支援は初めてとの事で、今回の成功が今後同規模のプロジェクトを支援する機会を開くマイルストーンであると語っています。

なお、『Spacebase DF-9』にはIndie Fundの他にもHumble Bundle、Hemisphere Games、make all、AppAbove Games、Adam Saltsman、The Behemoth、Morgan Webb、Rob Reidが資金を提供しています(Indie Fundは75,000ドルを提供)。

『Spacebase DF-9』はPC/Mac/Linuxを対象にアルファ版が配信中。価格は25ドル~250ドルまで幅広い層が用意されています。先週にはAlpha 2がリリースされており、新たな特徴を紹介する映像も公開されているので気になる方は要チェックです。

《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. おもちゃの兵隊タワーディフェンス最新作『Toy Soldiers 2: Finest Hour』発表!

    おもちゃの兵隊タワーディフェンス最新作『Toy Soldiers 2: Finest Hour』発表!

  2. GOG.comでサマーセールがスタート! 『System Shock』や『Desperados III』などの無料デモも配信

    GOG.comでサマーセールがスタート! 『System Shock』や『Desperados III』などの無料デモも配信

  3. 「ダイの大冒険」が家庭用ゲーム機向けアクションRPGで登場! 『インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険』2021年発売決定

    「ダイの大冒険」が家庭用ゲーム機向けアクションRPGで登場! 『インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険』2021年発売決定

  4. 有名街づくりSLGが1ドルで!「Humble Cities: Skylines Bundle」開催

  5. ゲームで培ったAI技術をエンタテインメント全般の領域へ「スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー」設立発表

  6. 『あつまれ どうぶつの森』夏の夜の危険なアイツ!サソリってどんな生き物?【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  7. ついに三角頭が参戦! 『Dead by Daylight』新チャプター「Silent Hill」アナウンス

  8. 未発売含む7作が全オン対戦対応『サムライスピリッツ ネオジオコレクション』発売決定―Epic Gamesストアでは6月12日より先行無料配信!

  9. PS Plus加入者なら割引率2倍の「Double Discountセール」開催! 非加入者でも最大40%お得に

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top