Xbox Oneローンチ時に『Halo』新作がリリースされなかった理由をMicrosoftのPhil Spencer氏が説明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox Oneローンチ時に『Halo』新作がリリースされなかった理由をMicrosoftのPhil Spencer氏が説明

家庭用ゲーム Xbox One

Xbox One版Halo E3トレイラー

Xboxの看板タイトルとして多くのファンを抱える『Halo』シリーズ。残念ながらXbox Oneのローンチタイトルのラインナップの中にその名が並ぶことは叶いませんでした。今年のE3では開発中である旨の報告もあり、多くのファンが首を長くして待つ次世代機版『Halo』が何故ローンチタイトルとしてリリースされなかったのか、MicrosoftのPhil Spencer氏が海外サイトへ説明しています。

氏曰く「数年前、Xbox 360で『Halo 4』をリリースするのではなく、Xbox OneローンチタイトルとしてHaloをリリースするべきか?といった議論は行いました」とのこと。しかしながら、『Halo 4』の製作を2012年に完成させることに必死であり、その段階で彼と開発スタジオ343 Industriesは方向転換するわけにはいかなかったようです。

またローンチに合わせて新作を作る場合、2010年から製作を開始する必要があったとも付け加えており、まずは初めて343 Industriesだけで作る『Halo』作品を完成させることに重きを置いていました。Phil Spencer氏は「『Halo 4』や『Halo 5』と言えるサイズのゲームを作るには、2年から3年は必要となります。議論を重ねた結果、まずは343 Industries純正の『Halo』作品を無事完成させることがXbox 360ユーザーにとっても343 Industriesにとっても良いことだと判断しました」と説明しています。

シリーズ過去作は主にBungieなどが担当していましたが、その後Microsoft Game Studio内で設立された開発スタジオ343 Industriesへ開発が移行。結果的に昨年リリースされた『Halo 4』は初週売上は約3億ドル。新スタジオの力が証明された結果とも取れる売上を叩き出しました。次世代機登場に合わせてこのビッグタイトルが並ばなかったのは残念ですが、時間がないため敢えて作らない、といった判断も賢明だったのかもしれません。
《ハンゾウ@編集部》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 25 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. Steam/Xbox One版『Fallout 4』の週末無料プレイ実施が海外発表!―Modも体験可能

    Steam/Xbox One版『Fallout 4』の週末無料プレイ実施が海外発表!―Modも体験可能

  2. PS4版『Destiny 2』予約受付がスタート、拡張2種収録のデジタルデラックス版も

    PS4版『Destiny 2』予約受付がスタート、拡張2種収録のデジタルデラックス版も

  3. 定額サービス「Xbox Game Pass」海外で6月開始―Goldメンバーは5月24日より

    定額サービス「Xbox Game Pass」海外で6月開始―Goldメンバーは5月24日より

  4. PS VR『サマーレッスン:宮本ひかり コレクション』発売開始、VR空間で「宮本ひかり」と触れ合えるゲーム本編とDLC4つが収録

  5. 日本語版『ヒットマン』国内向け最新情報―伝説の暗殺者再び

  6. 『オーバーウォッチ』国内向け最新パッチノート!PS4日本語版GOTYも発売

  7. 米バンナム、英国テロ事件に配慮し『GET EVEN』の発売延期を発表

  8. 【特集】PS4版も登場!『グウェント ウィッチャーカードゲーム』日本語版プレビュー&開発インタビュー

  9. 新型タイタンも追加!『タイタンフォール2』近日中に大規模アップデートが海外で配信

  10. 『オーバーウォッチ』の1周年記念イベントがスタート!―新アイテム多数追加

アクセスランキングをもっと見る

page top