自分だけの世界を作ることが出来る人気サンドボックスゲーム『Garry's Mod』の累計販売数が350万を突破 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

自分だけの世界を作ることが出来る人気サンドボックスゲーム『Garry's Mod』の累計販売数が350万を突破

オブジェクトを使って作品を作成したり、キャラクターのポーズや大きさなどをリアルタイムに編集できる人気サンドボックスゲーム『Garry's Mod』(GMOD)。本作の累計販売本数がリリースから350万本を突破したことが開発者のGarry Newman氏のツイートで明かとなりました。

ニュース 最新ニュース
自分だけの世界を作ることが出来る人気サンドボックスゲーム『Garry's Mod』の累計販売数が350万を突破
  • 自分だけの世界を作ることが出来る人気サンドボックスゲーム『Garry's Mod』の累計販売数が350万を突破
様々なキャラクターを使って映像作品などを表現したり、オブジェクトを使ってリアルタイムに自分だけのマップやゲーム、ギミックなど作成できるSource Engineを使った人気サンドボックスゲーム『Garry's Mod』(GMOD)。本作の累計販売本数がリリースから350万本を突破したことが開発者Garry Newman氏のツイートで明かとなりました。


ツイートと共に公開された画像では、上段の棒グラフでは月ごとの販売数がどのように推移しているかわかり、中段の円グラフでは年度ごとの総売り上げ数がリリースから衰えを見せず順調に大きくなっている様子が、下段では本作の売り上げが累計300万本以上突破していることを現す折れ線グラフが挿入されています。



また海外メディアRock,Paper,Shotgunはこの件に関してGarry氏にメールインタビューを行っており、解答では確証のない推測であるものの「Steamの人気は増え続けている」、「ユーザー作成コンテンツが大きな役目を果たしている。GMODにいくらかあるゲームモードは彼ら自身のゲームであるし、新しいゲームモードがリリースされるたびに多くの人が購入しているんだ」とユーザーコンテンツの重要性や、「YouTubeやTwichは近年大きな影響を与えた。もし1500万人もの人間が楽しみながらゲームをプレイする人の姿を見れば、彼らはそれをプレイしてみたくなるだろう」と答えています。

『Garry's Mod』はもともと『HL2』のサンドボックスMODとしてリリースされたもので、2006年には様々な機能を追加して製品化。本作をプレイするためにはSourceエンジンを使用した『Counter Strike: Source』や『Left 4 Dead』などが必要です。またエレベーターをテーマにした異色の“Elevator: Source”など多くのユーザーアドオンがあることも特徴なゲームです。





《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 実写映画版『ソニック』全身姿デザインがブランディング会社のサイトに一時掲載

    実写映画版『ソニック』全身姿デザインがブランディング会社のサイトに一時掲載

  2. 正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

    正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

  3. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

    Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  4. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  5. ボールぶつけ対戦ACT『リーサルリーグ ブレイズ』国内PS4/スイッチ向けに発売決定!DL版は7月、特典付きパッケージ版は9月に

  6. 蛮族ストラテジー『Conan Unconquered』リリース日が5月29日に変更―スペック情報も公開

  7. 『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

  10. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

アクセスランキングをもっと見る

1
page top