宇宙船をカスタムして宇宙空間を進むスペースゲーム『New Orbit』発表、惑星重力が影響する慣性飛行が特徴 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

宇宙船をカスタムして宇宙空間を進むスペースゲーム『New Orbit』発表、惑星重力が影響する慣性飛行が特徴

ニュース 最新ニュース



オーストリアのゲーム開発スタジオBlackish Studioは、宇宙船をカスタマイズして宇宙空間を進むスペースゲーム『New Orbit』を正式発表しました。PC/Mac/LinuxおよびAndroidでリリース予定の同作は、現在Kickstarterにて東部時間1月24日まで4万ドルの獲得を目指すクラウドファンディングを実施中です。

『New Orbit』はWindows/Macやスマートフォン向けに昨年からリリースされているエピソードシリーズで、今作は昨年の実験的な作品『New Orbit Episode 1』の続編でありEpisod 2に当たるタイトル。母なる地球が死に人類が小惑星帯で生きるようになった時代、敵対宙域の奥深くで遭難してしまったNode Collective所属の若きエンジニアが、自身の乗船していたマザーシップが炎上した理由や、同船が担当していた極秘任務について謎を解き明かしていくというストーリーが描かれます。

ゲームプレイは見下ろし視点でオンボロの宇宙船を操作し、目標物を集めたり目的地へ進むといった各種任務をこなしていくという内容です。スラスターの推進力、慣性、惑星の重力圏の3要素が影響する宇宙飛行の操作感は非常にユニークで、ブラウザ上ではエピソード1のプレイアブルデモも公開中。今回発表された『New Orbit Episod 2』はこの前作のコアメカニックを引き継ぎつつ、グラフィックの3Dビジュアル化や宇宙船のカスタムシステム、さらにはコクピット視点など多数の要素を盛り込んでいます。


最大の追加要素となるモジュール式のカスタムシステムと共に、今作ではストアなどから手に入れることが出来る燃料やエネルギーの要素が新たに導入。スラスター部品の燃料消費量と燃料から生成し機器に使用する必要エネルギー量を計算し、燃料タンクの容量と見比べつつ宇宙船を構築する必要があります。またこれに加え重量の概念も存在しており、例えば同じスラスターでも軽い宇宙船の方がより機体を早く推進させることが可能です。

前作からグラフィック面などで驚くべき進化を遂げた『New Orbit Episode 2』。開発のBlackishによれば大画面でのプレイに耐えうるグラフィッククオリティとXbox 360コントローラーへの対応、さらにはOculus Riftに対応したVRコクピットアプリも登場予定とのことです。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. DontNod手がける吸血鬼アクションRPG『Vampyr』の発売延期が発表

    DontNod手がける吸血鬼アクションRPG『Vampyr』の発売延期が発表

  2. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

    『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  3. もうひとつの「EDF」始動!『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』ティザーサイトが公開

    もうひとつの「EDF」始動!『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』ティザーサイトが公開

  4. Steamが「レビュー荒らし」に対策、ユーザーレビューにヒストグラム表示が追加

  5. 国内e-Sportsの統合団体が「日本オリンピック委員会」への加盟を目途に設立へ

  6. PS4/Xbox One/PC『Project CARS 2』予約特典やシーズンパスの詳細が明らかに

  7. 【E3 2017】PS4『God of War』圧巻のゲームプレイ映像!―発売は2018年初頭

  8. 『地球防衛軍5』発売日決定!2017年12月7日より戦闘開始

  9. 全DLC収録『Fallout 4: Game of the Year Edition』発表!海外で9月発売【UPDATE】

  10. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

アクセスランキングをもっと見る

page top