再リリース版となる『Skullgirls Encore』が正式発表、国内PSN/XBLAでキャラDLCと共に来年1月配信へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

再リリース版となる『Skullgirls Encore』が正式発表、国内PSN/XBLAでキャラDLCと共に来年1月配信へ

同スタジオが再リリース版となる『Skullgirls Encore』を正式発表し、国内外で来年1月以降にも登場することを明らかにしました。

ニュース 最新ニュース
先日よりコナミとのパブリッシング関係の打ち切りにより既存の『Skullgirls』の販売が停止される可能性を伝えていたLab Zero Gamesですが、同スタジオが再リリース版となる『Skullgirls Encore』を正式発表し、国内外で2014年1月にも登場することを明らかにしました。

先日には12月17日にもストア上から削除される可能性があると伝えられていた『Skullgirls』ですが、Lab Zeroとコナミが協議を行った結果、PSNストアおよびXbox LIVE マーケットプレースから12月31日付けにも削除される予定へと変更されたようです。再リリース版となる『Skullgirls Encore』は2014年1月にも登場することになると記されています。

今回の発表では北米PSN版、欧州PSN版、国内PSN版、そしてXBLA版における移行ついてそれぞれ詳細に記載されており、PSN版では過去の『Skullgirls』とはDLCやセーブデータが対応しないことが明らかにされているため、国内の『Skullgirls』プレイヤーもチェックしておくべき情報となっています。

一方でPSNオリジナル版『Skullgirls』の所有者には『Skullgirls Encore』は無料で提供され、PSN/XBLA上でSquiglyやキャラクターカラーDLCも一定期間無料でリリースされるようです。またこれに加え、XBLA版におけるマーベラスAQLへのパブリッシャー移行により、国内のXbox LIVE マーケットプレースでも『Skullgirls Encore』が購入可能となることが明らかにされています。

なおSteam版は以前のパブリッシャーであるコナミが関与していないため、今回のコンソール版における移行にて影響は出ないとのことです。
  • 日本PSN版
  • 北米版の移行より若干時間がかかる可能性があるが、サイバーフロント(国内PSN版のパブリッシャー)と時間差が発生しないよう尽力している
  • PS3/PS4/Vitaのクロスバイと同様に、オリジナル版『Skullgirls』の全購入者には『Skullgirls Encore』を無料で提供する
  • 『Skullgirls Encore』をダウンロードするには、『Skullgirls Encore』のストアページを訪れる必要がある
  • SqiglyのキャラクターDLCが同時にリリース。3ヶ月間無料で配信される。同DLCは『Skullgirls Encore』にしか対応していない
  • 『Skullgirls Encore』は事実上"新作"扱いであり、元々リリースされていたゲームとは異なる
  • オリジナル版『Skullgirls』のDLCは『Skullgirls Encore』には対応していない
  • 過去の購入が失効してしまわないように、また今回の移行に関する全プレイヤーへの忍耐に感謝し、一定期間キャラクターカラーDLCバンドルを無料で全プレイヤーに配信予定
  • 『Skullgirls Encore』は新作ゲームとなるため、『Skullgirls Encore』のリーダーボードは一新され、新たなトロフィーが搭載されており、そして過去のセーブデータには対応していない
  • 移行した時点で各キャラクターのカラーパックは廃止し、キャラクターカラーバンドルのみを提供する予定
  • Squiglyや将来的なキャラクターも含め、キャラクターカラーバンドルDLCは既存する全キャラクターの追加カラーをアンロックする
  • プレイヤーは今後もオリジナル版『Skullgirls』をPSNのダウンロードリストから入手しプレイすることが可能だが、『Skullgirls Encore』へ出来る限り早く移行することを推奨する
  • XBLAワールドワイド版
  • Xbox LIVE マーケットプレイス上から一定期間消えている間、パブリッシャーはコナミからマーベラスAQLへと移行されている
  • マーベラスAQLは新規ビルドをホリデー以降まで送れないため、パッチテスト中はストア上で購入出来ないが、オンラインでのプレイは可能
  • ゲームの移行が完了した場合、過去のアップデートと同様にタイトルアップデートおよび義務的な対応パックDLCの配信が実施される
  • PSN版とは異なり、『Skullgirls Encore』はオリジナルゲームのパッチ適応版となり、製品は区分されない
  • それ故にリーダーボード、実績、セーブデータは今回の移行に影響されない
  • 過去の購入DLCは『Skullgirls Encore』に対応している
  • 移行に関する全プレイヤーの忍耐に感謝し、キャラクターカラーDLCバンドルとSquiglyが期間限定で無料配信される
  • パブリッシャーの移行が完了した時点で、マーベラスAQLは日本XBLAで『Skullgirls Encore』がリリース出来るようになる
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. CDPRが『ウィッチャー』シリーズ11周年記念イベントを開始ーまずは11日間に渡りシリーズ豆知識を公開

    CDPRが『ウィッチャー』シリーズ11周年記念イベントを開始ーまずは11日間に渡りシリーズ豆知識を公開

  2. サンドボックスMMORPG『Ember Sword』発表!―プレイヤーによりコンテンツが創造

    サンドボックスMMORPG『Ember Sword』発表!―プレイヤーによりコンテンツが創造

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

    『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

  4. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  5. 『Diablo III』のクロスプレイ実装は現時点で計画無し―海外メディアに対しBlizzardが声明

  6. 爆乳ハイパーバトル『閃乱カグラ Burst Re:Newal』海外版が発売延期、PS4版「スキンシップ」モード削除が影響

  7. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER』2019年1月11日リリース!10周年記念の初回限定生産版も

  10. 『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

アクセスランキングをもっと見る

page top