【PR】磨きぬかれたアーカムシリーズを初体験!『バットマン:アーカム・ビギンズ』プレイレポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【PR】磨きぬかれたアーカムシリーズを初体験!『バットマン:アーカム・ビギンズ』プレイレポ

ワーナー・ホーム・ビデオからリリースされた“バットマン:アーカム”シリーズ最新作『バットマン:アーカム・ビギンズ(原題:Batman: Arkham Origins)』、今回は実際に製品版をプレイしてみた感想をお届けしたいと思います。

家庭用ゲーム PS3
【PR】磨きぬかれたアーカムシリーズを初体験!『バットマン:アーカム・ビギンズ』プレイレポ
  • 【PR】磨きぬかれたアーカムシリーズを初体験!『バットマン:アーカム・ビギンズ』プレイレポ

ワーナー・ホーム・ビデオからリリースされた“バットマン:アーカム”シリーズ最新作『バットマン:アーカム・ビギンズ(原題:Batman: Arkham Origins)』、今回は実際に製品版をプレイしてみた感想をお届けしたいと思います。

舞台は『バットマン:アーカム・アサイラム』の数年前。若きダークナイト始まりの物語―


今作は主人公のバットマンが“ゴッサム・シティ”でヒーローとしての活動を開始した直後が描かれています。そのため、バットマンの名前はまだそこまで広まっていないらしく、街は無法地帯と化している状態。そんなゴッサム・シティを牛耳る悪役“ブラックマスク”が、バットマンに約50億円の懸賞金をかける所から物語は始まります。

爽快感と戦略性を併せ持つ『フリーフローコンバット』


シリーズ通しての独自戦闘システム“フリーフローコンバット”は、まるで自分がバットマンになったかのように、ボタンを押すだけでバットマンが流れるように敵をなぎ倒していく様はプレイしていて爽快感があり、とても気持ちいいです。 カウンター1つとっても、敵の攻撃を受け流したり、受け止めて反撃したり、敵の行動に合わせてバットマン自身もアクションを変えていくので、同じボタンをポチポチ押すだけなのに、不思議と飽きることなくプレイできてしまいます。

実際何も考えずにボタンを押していくだけで、ある程度の敵は倒す事が出来るので「敵を倒す事」を目標にするとそう難しくもないのですが、敵を倒した際にもらえる経験値はコンボを繋げて倒したり、多彩な攻撃方法で倒したりすると経験値ボーナスをもらう事ができます。また“ダークナイト・チャレンジ”と呼ばれる色々なチャレンジ項目があり、決められた戦闘方法で倒すとチャレンジ達成としてリワードがもらえたりするので、これらを解除しようとすると一気に難しくなります。

ツリー式のスキルが用意されており、ポイントを振って覚えていく事で使える技もあります。攻撃方法も多彩になるので、どんどん敵を倒すのが楽しくなります。

最後の敵を倒す時はスローモー演出に。敵のやられ方もさまざまで凝った演出。

物語の舞台“ゴッサム・シティ”は、前作の2倍もの広さ!


バットマンが活動するゴッサム・シティは「オールドゴッサム」と「ニューゴッサム」の2つに分かれており、広さは前作の『バットマン:アーカム・シティ』の約2倍との事。ある程度小分けにされた地区毎にファストトラベルが出来るシステムも導入されているので、目的地までの移動の手間も最小限に抑えられています。

チュートリアルが終わった後、さっそくゴッサム・シティを飛び回ってみると本当に広い。高層ビルから高層マンションへコウモリの如くビュンビュン飛び回る事が出来るので、ゴッサム・シティの中を飛び回っているだけでも相当楽しい! 気がつけばメインストーリーそっちのけで、まったく関係ない場所で見つけた悪党共をいきなり殴り始める私の姿が……。

街を探索していると事件発生の通信を受信。メインミッションそっちのけで悪党退治に。

『操作ビジョン』は謎解きのヒントを探す他にも、自分に有利な戦況を作り出す事が出来る。


メインストーリーを進めていく上でバットマンは謎を解きながら進まないといけない場面もあります。そこで“捜査ビジョンと”呼ばれる機能を使う事で謎解きのヒントを見つける事が出来たり、また壁の向こう側を透視し敵の立ち位置を把握する事も可能です。例えば行き止まりになっている場所などは、捜査ビジョンで見ると壊せる壁になっている事が多く、そういう時はガジェットにある“爆破ジェル”を使って壁を壊し、進めるようになります。

敵と大乱闘してもいいけれど、ステルス行動で一人ずつバレずに葬りさっていくプレイも可能なので、そういう時は捜査ビジョンで敵の位置取りを確認する事が大事になってきます。

捜査ビジョンで証拠スキャナーを起動すれば、残された死体や物から過去の状況を再現する事も可能。事件現場を調べることで、その場に何が起こったのか知る事が出来る。


ストーリーに絡む悪役だけど魅力的なキャラクター達


ストーリーを進めていくと登場するバットマンの命を狙う数々の悪役達。この悪役達もそれぞれとてもキャラが立っており、バットマンが正義を貫くと同時に悪を貫くその姿勢は、正義と悪の戦いをよりダイナミックに緊張感のあるものへ押し上げる役割を担っています。

ゲーム内に用意されたデータベースではバットマンはもちろん、悪役達のプロフィールもちゃんと用意されています。キャラクターのバックグラウンドを知る事でより一層バットマンの世界を堪能する事が可能です。

バットマンの首を狙いに来た悪役の一人デスストロークとの戦い。戦闘はとても緊張感があり、迫力のある戦いでした。


とても高いクオリティで描かれる正義と悪の物語、ただのキャラゲーとあなどるなかれ。


筆者は今作をプレイするまで、恥ずかしながらバットマンについて知っていた事といえば「アメコミの人気キャラクター」ぐらいのイメージしか持っていませんでした。(ファンの方、申し訳ありません……。)今回『バットマン:アーカム・ビギンズ』を実際にプレイしてみて、過去作品である“バットマン アーカム”シリーズが人気だった理由も、本来のゲームとしてのクオリティの高さだったのだなと理解できました。

とにかくバットマンの一つ一つの動作がかっこいい! 独自戦闘システムの“フリーフローコンバット”がとてもよく出来ていて、敵と連戦しても「戦闘をやらされている」とまったく感じる事なく戦いに没頭する事ができ、洗練されたシステムだなと思いました。バットマンになったばかりで孤軍奮闘しているところに襲い掛かる悪役達との「正義と悪の戦い」を映画さながらの演出と迫力で表現している点も見事です。

その他、ゴッサム・シティに巣食うヴィラン(悪役)チームとヒーローチームに分かれ、8人まで対戦できるオンラインマルチプレイも搭載されており、バットマンの世界観に沿った設定で対戦する事ができます。


『バットマン:アーカム・ビギンズ』は、バットマンが好きな人はもちろん、アクションゲームが好きな人、そしてシリーズ初心者の方にも、とても楽しくプレイできる作品となっております。興味のある方は一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

    【製品情報】
    タイトル: バットマン:アーカム・ビギンズ
    希望小売価格(税込): 7,980円
    CERO: C
    プラットフォーム: PlayStation 3 / Xbox 360 / Wii U
    ジャンル: アクション
    プレイ人数: 1人
    オンライン:7~8人 Wii Uを除く
《えれ子》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』アステラ祭【煌めきの宴】が11月30日より開催決定!受付嬢もモフモフコートに衣装チェンジ

    『モンハン:ワールド』アステラ祭【煌めきの宴】が11月30日より開催決定!受付嬢もモフモフコートに衣装チェンジ

  2. 『フォートナイト』の新展開はまだ続く…4つの消えない「裂け目」がウェイリング・ウッズ地下に出現

    『フォートナイト』の新展開はまだ続く…4つの消えない「裂け目」がウェイリング・ウッズ地下に出現

  3. 『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』機体カスタム要素が国内向けに発表!あの機体はどうやって強化できる?

    『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』機体カスタム要素が国内向けに発表!あの機体はどうやって強化できる?

  4. 『ジャストコーズ4』試遊レポ― 自然の驚異も追加され、カオス度さらにパワーアップ!

  5. PS4版『PUBG』12月7日より国内発売決定!2019年1月にはパッケージ版もリリース

  6. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  7. ヴァニラウェア最新作『十三機兵防衛圏』発売時期が未定に、PS Vita版は開発中止

  8. 「Xbox Game Pass」Xbox日本公式サイトに登場!―日本国内でのサービス開始目前か【UPDATE】

  9. 『レインボーシックス シージ』週末フリーウィークエンド開催! 期間限定セールも実施

  10. 『レッド・デッド・リデンプション2』噂検証シリーズ第4弾!ピストルでNPCの頭を爆破できる?

アクセスランキングをもっと見る

page top