ダウンロードゲームの売上が前年比11%増、最も成長著しいのはF2Pゲーム ― 米国 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ダウンロードゲームの売上が前年比11%増、最も成長著しいのはF2Pゲーム ― 米国

米国のデジタルゲーム市場の売上げが、前年比で11%も増加したことが判明しました。

ニュース 最新ニュース
ダウンロードゲームの売上が前年比11%増、最も成長著しいのはF2Pゲーム ― 米国
  • ダウンロードゲームの売上が前年比11%増、最も成長著しいのはF2Pゲーム ― 米国
米国のデジタルゲーム市場の売上げが、前年比で11%も増加したことが判明しました。

海外メディアVG247によると、2013年の米国でのビデオゲームのデジタルマーケットの売上は117億ドルで昨年の105億ドルを11%も上回る結果に。

中でも成長が著しいのはF2Pゲームで、昨年は28億ドルもの売上を達成して前年比では45%の増加となっています。一方、購入時に代金を支払うタイプの従来のゲームは19%も売上が減少しているということです。

また、モバイルゲームは28%アップの30億ドル。しかし、かつて隆盛を誇ったソーシャルゲームは21%ダウンの18億ドルにとどまっており、時代の流れを感じさせる結果となりました。

注目すべき点はPCや家庭用ゲーム機向けタイトルのDLCで、前年比での売上は13%アップの28億ドルに。これは多くのタイトルが積極的にDLCを導入しつつある現状を受けてのことなのかもしれません。

ゲームの販売数をパッケージゲームの売上だけでみると、全体的に減少しているかのように見えますが、実際はゆるやかにデジタルに移行しており、ゲーム市場としては利益を出しているようです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スマホ新作『ドクターマリオ ワールド』7月10日配信!約4分に及ぶ紹介映像も

    スマホ新作『ドクターマリオ ワールド』7月10日配信!約4分に及ぶ紹介映像も

  2. DONTNODの新作ADV『Twin Mirror(ツインミラー)』バンダイナムコが日本語版の発売中止を発表

    DONTNODの新作ADV『Twin Mirror(ツインミラー)』バンダイナムコが日本語版の発売中止を発表

  3. 小島監督と盟友N・W・レフン監督が「SDCC 2019」に出演決定―イベントは7月開催

    小島監督と盟友N・W・レフン監督が「SDCC 2019」に出演決定―イベントは7月開催

  4. 『レインボーシックス シージ』グリッチ悪用で「Clash」「展開型シールド」が再度無効に―復活時期は未定

  5. 人狼的マルチプレイSFストラテジー『I'm not a Monster』にシングルプレイキャンペーンの追加が決定!

  6. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  7. フルリメイク版『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』2020年初頭発売予定!リースやケヴィンが美しくよみがえる

  8. 『Fallout 76』バトロワ「Nuclear Winter」が好評につき延長決定―アップデートが追加予定

  9. ニューヨークへと舞い戻る『ディビジョン2』イヤー1エピソード3初ティーザー!実写映画はNetflix配信に【E3 2019】

  10. 『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』流子&皐月の紹介映像―キャラ特徴や必殺技演出も

アクセスランキングをもっと見る

page top