宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース

ニュース 最新ニュース

宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース
  • 宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース
  • 宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース

ゲームを教育に利用する団体TeacherGaming。過去には『Minecraft』の教育用Mod『MinecraftEdu』(Edu=Education)をMojangの協力を受けて開発し、リリースしています。そのTeacherGamingが、宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』を開発したSquadと提携し『KerbalEdu』を開発しました。

Squadが開発した『Kerbal Space Program』は、Steamで早期アクセス中の注目ゲームの一つで、宇宙船を設計し、打ち上げ、他の惑星の探索や、宇宙ステーションの建造など、宇宙開発を行うゲームです。物理エンジンを搭載しており、宇宙船の設計や、飛行計画が甘ければ、打ち上げで失敗したり、宇宙で遭難したり、スイングバイでスイングバイバイしたりと、波乱の結果が待っています。早期アクセス版は26.99ドルで販売中です。



TeacherGanmingは教育用Modとして『KerbalEdu』を開発、教育現場で使いやすいように『Kerbal Space Program』をカスタマイズするものとのこと。宇宙船のデザインなどを通じて、問題を解決する能力や、想像力を鍛えることができるように最適化されているようです。

教育機関向けに『KerbalEdu』の公式サイトを通じて、販売が開始しています。1ライセンスあたり17ドル、25ライセンスで350ドルと割安価格で提供されています。欧州と北米の教育機関で利用することができるようです。日本で利用できるかどうかは不明で、興味のある先生は問い合わせてみると良いかもしれません。

《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

    火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

  2. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

    噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  3. PC版『レインボーシックス シージ』海外イベントで日韓対決実現!「eiNs」が挑む

    PC版『レインボーシックス シージ』海外イベントで日韓対決実現!「eiNs」が挑む

  4. 日本一ソフトウェア、異種間恋愛を描く『嘘つき姫と盲目王子』実写ADV『プロジェクト ナイトメア』発表

  5. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  6. 2017年の国内アプリ消費支出は130億ドルに─市場総括レポートをApp Annieが公開

  7. 噂:アクションRPG『Fable』復活か…マイクロソフトはノーコメント

  8. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  9. 『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

  10. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top