宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース

ニュース 最新ニュース

宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース
  • 宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース
  • 宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース

ゲームを教育に利用する団体TeacherGaming。過去には『Minecraft』の教育用Mod『MinecraftEdu』(Edu=Education)をMojangの協力を受けて開発し、リリースしています。そのTeacherGamingが、宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』を開発したSquadと提携し『KerbalEdu』を開発しました。

Squadが開発した『Kerbal Space Program』は、Steamで早期アクセス中の注目ゲームの一つで、宇宙船を設計し、打ち上げ、他の惑星の探索や、宇宙ステーションの建造など、宇宙開発を行うゲームです。物理エンジンを搭載しており、宇宙船の設計や、飛行計画が甘ければ、打ち上げで失敗したり、宇宙で遭難したり、スイングバイでスイングバイバイしたりと、波乱の結果が待っています。早期アクセス版は26.99ドルで販売中です。



TeacherGanmingは教育用Modとして『KerbalEdu』を開発、教育現場で使いやすいように『Kerbal Space Program』をカスタマイズするものとのこと。宇宙船のデザインなどを通じて、問題を解決する能力や、想像力を鍛えることができるように最適化されているようです。

教育機関向けに『KerbalEdu』の公式サイトを通じて、販売が開始しています。1ライセンスあたり17ドル、25ライセンスで350ドルと割安価格で提供されています。欧州と北米の教育機関で利用することができるようです。日本で利用できるかどうかは不明で、興味のある先生は問い合わせてみると良いかもしれません。

《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 新作タワーディフェンス『Fortnite』早期アクセス版ローンチトレイラーがお披露目

    新作タワーディフェンス『Fortnite』早期アクセス版ローンチトレイラーがお披露目

  2. THQ Nordic、gamescomでオープンワールドRPG含む新作2タイトル発表へ

    THQ Nordic、gamescomでオープンワールドRPG含む新作2タイトル発表へ

  3. 『オーバーウォッチ』ドゥームフィストの声優がテリー・クルーズではなかった理由とは―Blizzardが語る

    『オーバーウォッチ』ドゥームフィストの声優がテリー・クルーズではなかった理由とは―Blizzardが語る

  4. 『PUBG』月間アップデートが8月初頭に延期―内部クライアント問題解決せず

  5. PS4/Xbox One/PC『Agents of Mayhem』新キャラクター「Joule」紹介ライブ映像公開

  6. PS4『ARK:Survival Evolved』3つのポイント紹介―100種を超える恐竜達

  7. 全エピソード収録『ヒットマン』日本語版発売は8月!限定特典情報も

  8. Steamサバイバルゲーム『Next Day: Survival』早期アクセス版が配信開始ー25%オフのセールも

  9. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  10. 誰も死ななくていいRPG『UNDERTALE』日本語版がPS4/Vita/PC向けに発売決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top