「次がないとは言い切れないが…」『スマブラ』新作について桜井政博氏YouTubeチャンネルにて語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「次がないとは言い切れないが…」『スマブラ』新作について桜井政博氏YouTubeチャンネルにて語る

桜井政博氏が自身のYoutubeチャンネル「桜井政博のゲーム作るには」にて『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』をテーマとした動画を公開しました。

ニュース ゲーム業界
「次がないとは言い切れないが…」『スマブラ』新作について桜井政博氏YouTubeチャンネルにて語る
  • 「次がないとは言い切れないが…」『スマブラ』新作について桜井政博氏YouTubeチャンネルにて語る
  • 「次がないとは言い切れないが…」『スマブラ』新作について桜井政博氏YouTubeチャンネルにて語る
  • 「次がないとは言い切れないが…」『スマブラ』新作について桜井政博氏YouTubeチャンネルにて語る

大乱闘スマッシュブラザーズ』や『星のカービィ』で知られるゲームクリエイター・桜井政博氏が、自身のYoutubeチャンネル「桜井政博のゲーム作るには」の「企画コンセプト」編にて『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』について語りました。

制作チームに関する話や同作のコンセプトである“全員参戦”についての話のほか、動画の最後では「現状の拡大路線はありえない」とする自身の考えを語るなど非常に興味深いものとなっています。

『スマブラ』が拡大路線になることはありえない

桜井氏は『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』の新作について、今までないと思っていた次作が作られてきたため、次はないとは言い切れないものの非常に難しいところまで来ている気がしていると語っています。「恐竜的にカラダを大きくしていった『スマブラ』が同じように拡大路線になることはありえない。」とする桜井氏自身の考えを明らかにしています。

桜井政博氏、人気シリーズ最新作の裏側を語る

その他、動画の中では『スマブラSP』のコンセプトである“全員参戦”を柱とし、作品ごとに担当会社やスタッフが異なることから制作資産やノウハウの運用ができていたわけではないと語るなど制作現場の裏側を披露。登場するファイターの多さに加え、それぞれが版元があるため多くの手間とコストがかかるなど、人気キャラクター大集合と言うべき同シリーズならではの話なども明かしています。

また、新規要素と調整点など企画書が200ページ以上にも達したと語るなど、緻密な調整と綿密な計画の重要性を感じさせる話題にも触れています。コロナ渦による影響やスピリッツ、「灯火の星」またDLCといったコンテンツに関する話題にも言及しています。

新作が期待できるような発言をしたあとの今回の言及。氏自身の考えとはいえ、ファンとしてはやや気になる発言にも聞こえますが、引き続き『スマブラ』の今後について注目したいところではないでしょうか?



大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
¥6,456
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《K.K.》

SFとオープンワールドとミリタリー系が主食です K.K.

1990年3月の京都府生まれ。ゲーム好きのパソコン好き。ついでに言えば動物も好き。心理学部卒ゆえに人の心がわかると豪語するも、他人の心にはわりと鈍感で、乙女心となるとからっきし。むしろ動物の気持ちのほうがよくわかるが、本人は「尻尾と耳がないからだ」と弁解中。 2022年から「ゲームスパーク」で執筆中。パソコン代の足しにと始めるも、賃金はほとんど課金ガチャに消えている模様。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. SIEが年末商戦期に主力シングルプレイ作品を毎年1本以上発売へ―予算控えめで革新性アピールの「実験的タイトル」ラインも別途展開予定

    SIEが年末商戦期に主力シングルプレイ作品を毎年1本以上発売へ―予算控えめで革新性アピールの「実験的タイトル」ラインも別途展開予定

  2. PS5累計販売台数は5,600万台突破!累計プレイ時間も増加で、PS4から移行の流れ続くか

    PS5累計販売台数は5,600万台突破!累計プレイ時間も増加で、PS4から移行の流れ続くか

  3. 『マインクラフト』生みの親Notch氏新作ローグライクダンジョン探索ゲーム『Levers and Chests』ボクセルアートが目を惹く新たなスクリーンショット公開

    『マインクラフト』生みの親Notch氏新作ローグライクダンジョン探索ゲーム『Levers and Chests』ボクセルアートが目を惹く新たなスクリーンショット公開

  4. ベセスダ親会社の日本法人、ゼニマックス・アジア6月もって閉鎖か―人事部長の書き込みから浮上

  5. Steam“おま国”解禁の「ドラゴンボール」ゲーの同時接続プレイヤー数はその後……

  6. 『Kerbal Space Program 2』開発元の行く末にやはり暗雲が…親会社CEOは閉鎖否定も社員のレイオフが開始へ

  7. 『PUBG』のKRAFTONなどに韓国公取委からの調査―ガチャ確率の公表値との正確性めぐり

  8. シリーズ最新作『Call of Duty: Black Ops 6』最新実写トレイラー「The Truth Lies」公開!リリース初日にXbox Game Pass追加も決定

  9. もし“終わった”シリーズ作品を復活させられるなら……思い浮かべたものは?

  10. 『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

アクセスランキングをもっと見る

page top