『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

ニュース 最新ニュース

『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン
  • 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン
  • 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン
  • 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン
  • 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン
  • 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン
  • 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン
  • 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン
  • 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

以前に任天堂のトラウマを特集する記事で『MOTHER3』そのものを取り上げましたが、本作はかなり衝撃的なシーンが多い作品になっています。本作は2006年に発売されたタイトルになりますが、今でも忘れられないという人は多いことでしょう。

今回の特集記事では、その中から特にインパクトがあると思われるシーンをチョイス。なお、本作をまだ遊んだことのない方は、この記事を読まずにまずプレイしましょう。

■関連記事

◆いい知らせと悪い知らせ



『MOTHER3』は第一章からかなり飛ばしてくるゲームです。タツマイリという小さな村に暮らす仲の良い家族の様子が描かれるものの、その後はいきなり不穏な空気になります。

第一章の主人公であるフリントは、森の火災により妻とふたりの息子が行方不明になったことを知ります。必死に探してなんとかその消息を掴むことはできたものの、友人のブロンソンから告げられたのは「いいしらせと それから わるいしらせがある」という言葉でした。

◆第3章 あやしい行商人



第3章はサルのサルサが主人公。彼は恋人のサルが人質ならぬサル質にされてしまったため、あやしい行商人であるヨクバの言うことを聞かざるを得ません。そしてヨクバはたいへんなロクデナシであり、事あることにサルサを電撃で痛めつけるのです。

まるでプレイヤーは自分が奴隷になっているかのような気分になりますが、何よりもっとも屈辱的なのはヨクバがいなければモンスターとの戦いに勝てないということ。己の力の無さをまざまざと見せつけられるシーンです。

次のページ:村の変貌&アレに目覚める瞬間
《すしし》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 23 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 警察パトロール隊シム『City Patrol: Police』発表! 激しいカーチェイス満載

    警察パトロール隊シム『City Patrol: Police』発表! 激しいカーチェイス満載

  2. 第一次世界大戦の物語描く新作ADV『11-11: MEMORIES RETOLD』が海外発表

    第一次世界大戦の物語描く新作ADV『11-11: MEMORIES RETOLD』が海外発表

  3. オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視

    オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視

  4. 『Destiny 2』拡張第二弾「ウォーマインド」国内PS4版配信決定!

  5. リマスター版『バレットウィッチ』がSteam配信決定! 4K解像度対応やゲームバランス調整も

  6. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  7. Xboxマーケティング部門ベテランディレクターが退職、18年にわたる活動にピリオド

  8. DMM.comが合同会社に組織変更し、DMM.comラボと合併─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

  9. 関連作品3本の追加収録が決定!『くにおくん ザ・ワールド』最新情報公開

  10. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top