東西冷戦による国家間の駆け引きをテーマにしたRTS『East vs. West: A Hearts of Iron Game』が開発中止 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

東西冷戦による国家間の駆け引きをテーマにしたRTS『East vs. West: A Hearts of Iron Game』が開発中止

Paradox Interactiveは、1945年から1991年までの国家間による東西冷戦をテーマにしたRTS、『East vs. West: A Hearts of Iron Game』の開発を中止したことを、Paradox Interactive公式フォーラムで発表しました。

ニュース 最新ニュース
Paradox Interactiveは、1945年から1991年までの国家間による東西冷戦をテーマにしたRTS、『East vs. West: A Hearts of Iron Game』の開発を中止したことを、Paradox Interactive公式フォーラムで発表しました。

発表によると、パブリッシャーは開発元であるBL Logicに最大の敬意を払っており、この決定は軽んじられたものではなかったとのこと。続いて、プロジェクトが大幅に遅れているために、求められる開発期間内でオープンベータが設定基準を満たすことはできないと思います、と予定されていたオープンベータの状況を伝え。本作の開発は、2011年5月から開始し、その過程は浮き沈みの激しいものであり、未来に向かって最高の努力をしていたに他ならない、としています。最後に、開発元が本作へ懸命に取り組み、多大な努力を払った事に感謝している、と述べています。

『East vs. West: A Hearts of Iron Game』は、2012年10月発表されたタイトルで、当初は2013年Q2リリース予定でしたが、発売予定時期を過ぎるも具体的な発売日決定など大きな動きはなく、今年1月20日に、3月からオープンベータが開始予定と発表されていました。開発元のBL Logicは、『Hearts of Iron 2』をよりリアルに設定した「民主主義の兵器廠」というタイトルの、スタンドアローン拡張版『Arsenal of Democracy(アーセナルオブデモクラシー)』を開発したスタジオです。

本作は冷戦をテーマにし、改良されたAIや、スパイシステム、海軍システムなどを筆頭に、ベトナム戦争や、中東戦争、核開発、宇宙開発競争などを再現。下手したら第三次世界大戦が起こってしまうという、政治的な事柄が中心の『Hearts of Iron』となる予定のタイトルでした。


2012年10月に発表されたトレイラー


2012年11月に公開されたコンセプト解説映像


2013年6月に公開された『EvW』ハイライト
《G.Suzuki》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』大型拡張DLC「アイスボーン」発表!「“G”相当の大ボリューム」と明言

    『モンハン:ワールド』大型拡張DLC「アイスボーン」発表!「“G”相当の大ボリューム」と明言

  2. 『パンツァードラグーン』『ツヴァイ』のリメイクが海外発表!―初代は2019年末までに発売予定

    『パンツァードラグーン』『ツヴァイ』のリメイクが海外発表!―初代は2019年末までに発売予定

  3. ジョン・ロメロ新作FPS『SIGIL』発表!25周年を迎えた初代『DOOM』のModとして無料配布予定

    ジョン・ロメロ新作FPS『SIGIL』発表!25周年を迎えた初代『DOOM』のModとして無料配布予定

  4. 『モンハン:ワールド』×『ウィッチャー3』コラボ決定、ゲラルトさんが新大陸に!開催は2019年初頭を予定

  5. Epic Games Store登場に伴い3タイトルがSteamでの販売を中止、もしくは先延ばしに

  6. 新作ダンジョンRPG『Operencia:The Stolen Sun』発表!―タイル移動とターン型戦闘による古典的作品

  7. 『モンハン:ワールド』最新情報を明かす! 特別番組が12月10日23時から放送

  8. 『Fallout 76』12月11日のアップデートがコンソール版のみ2日間延期ーPC版は変更なし

  9. 『CoD:BO4』大規模アプデで新スペシャリスト「Zero」が来る!BLACKOUT/ブラックマーケットも大幅刷新

  10. 中国で新たなゲーム審査機関が明らかに、既に20タイトルを審査―海外メディア報道

アクセスランキングをもっと見る

page top