噂: Amazonの独自デバイスはPCゲームを30fpsでストリーミングプレイ可能なシステム | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: Amazonの独自デバイスはPCゲームを30fpsでストリーミングプレイ可能なシステム

ニュース

Amazonのロゴが入ったコントローラー
  • Amazonのロゴが入ったコントローラー
Amazonが発売するとされている独自デバイスについて、PCゲームをストリーミングプレイできるシステムだという新たな噂が飛び込んできました。これは先日お伝えしたAmazonのロゴが刻印されたゲーミングコントローラーの画像に関連する続報です。

海外サイトTechCrunchが掲載した情報によると、Amazonが提供すると言われているデバイスは、いわゆる据え置き型ビデオゲームのようなタイプではなく、小型のスティックもしくはドングルのような形状だということです。

Apple TVのような動画配信のほか、PCゲームを30fpsでストリーミングプレイ可能ですが、対応タイトルの詳細については現在は不明。しかし、人気ソフトが含まれていると伝えられています。

実際にAmazonは米国内に大容量で広範囲なネットワークを保持しており、現在はデジタルコンテンツなどをクラウドベースで供給するために使用されています。このことからも、ゲームのストリーミングプレイサービスへの進出に必要なリソースはすでに整っていると考えられます。

もしこの情報が事実であるとすれば、PS4やXbox Oneなどをはじめとする家庭用ビデオゲーム機のみならず、OriginやSteamの同様のサービスとも競合する新たなライバルが出現したと言えそうです。
《菜種》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 16 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

    400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  2. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  3. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

    『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

  4. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  5. 『Rust』Steam返金の総利用数は約32万本、総額約440万ドル(約4.9億円)に

  6. 『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

  7. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

  8. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  9. 閉じ込められた男を救う2Dアドベンチャー『STAY』発表!―ゲームはリアルタイムで進む…

  10. ユービーアイがサーバーメンテナンス実施ー1月22日14時から8時間程度

アクセスランキングをもっと見る

page top