2Dサンドボックス『Terraria』のコンソール版が100万本セールスを突破、iOS/Android版は130万本を超える売り上げ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2Dサンドボックス『Terraria』のコンソール版が100万本セールスを突破、iOS/Android版は130万本を超える売り上げ

パブリッシングを担当する505 Gamesがプレスリリースを発行し、同作のコンソール版が100万本、またモバイル版が130万本の売り上げを突破したと発表しました。

ニュース 最新ニュース
開発メンバーらが立ち上げた新規スタジオChuckelefishの新作『Starbound』が好調な売り上げを記録する一方で、現在もメジャーアップデートが継続して行われている『Terraria』。パブリッシングを担当する505 Gamesがプレスリリースを発行し、同作のコンソール版が100万本、またモバイル版が130万本の売り上げを突破したと発表しました。

発表によればPSN/XBLA/PS Vita版が100万本、またiOS/Android版が130万本の売り上げを記録。北米ではそれぞれPSN/XBLA版が昨年3月、PS Vita版が昨年12月にローンチを迎えており、またiOS版は2013年の8月、Android版は2013年の9月に発売されたばかり。コンソール版も順調ながら、特にモバイル版が好調な売れ行きを示しています。

なお昨年9月時点で『Terraria』はPC版のセールスが300万本を突破していたことも伝えられており、単純なプラットフォーム総計ではすでに530万本以上の売り上げを記録したこととなります。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

    『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

  2. 戦術ケモノADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』拡張「Seed of Evil」が7月30日に発売!

    戦術ケモノADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』拡張「Seed of Evil」が7月30日に発売!

  3. 『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

    『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

  4. 『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

  5. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  6. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  7. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  10. 銀河の歴史がまた1ページ『EVE Online』で起きた史上最大の宇宙艦隊戦を収録した映像やショットが登場

アクセスランキングをもっと見る

1
page top