Gearboxの『Duke Nukem』新作開発権利の訴訟に対し3D Realmsが徹底抗戦の構え、訴状での申し入れを全面拒否 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Gearboxの『Duke Nukem』新作開発権利の訴訟に対し3D Realmsが徹底抗戦の構え、訴状での申し入れを全面拒否

『Duke Nukem』の新作開発に関する権利を巡り、Gearbox Softwareが3D RealmsとInterceptor Entertainmentを訴訟していた今年2月の事件。訴訟された3D Realmsらが改めて公式声明を発表し、Gearboxの訴えに対し全面的に争う意向を明らかにしました。

ニュース 最新ニュース
Duke Nukem』の新作開発に関する権利を巡り、Gearbox Softwareが3D RealmsとInterceptor Entertainmentを訴訟していた今年2月の事件。訴訟された3D Realmsらが改めて公式声明を発表し、Gearboxの訴えに対し全面的に争う意向を明らかにしました。

3D Realmsは公式声明にて「2014年3月17日、ダラステキサスにおけるGearbox Softwareの訴状に対し、3D Realmsは返答を届け出た。3DRは訴状における全ての申し入れを拒否した」とコメント。また「Gearboxが誠意ある交渉をしようとした意図はなく、前オーナーであるScott MillerとGeorge Broussardに対し、3DRに正式に属するものを引き渡すよう圧力をかける道を模索していた証拠を、3DRは返答の中で提出した」とコメントし、訴訟に対して徹底抗戦する構えを見せました。

また3D Realmsは「3DRは暫定的なタイトル"Duke Nukem Surviovr"ゲームを特定のプラットフォームに向け開発する権利を有しているというのが我々の見解だ。このゲームは前もってInterceptor Entertainmentへと開発がライセンシングされている。さらに言えば、我々の見解では"Duke Nukem"のトレードマークは一度たりとてGearboxに譲渡されておらず、3DRの唯一の所有権として残っている」と続けています。

Interceptor Entertainmentの代表者も公式声明にて「インデペンデントの若いスタジオとして、我々はApogeeや3D Realmsといった会社と共にDuke NukemやRise of the Triadといった素晴らしいIPで働くことが出来て非常に幸運だった。これら企業、そして彼らのゲームや驚異的な精神の真のファンとして、彼らが作り上げ、彼らが正しきオーナーである知的財産には尊敬の念を抱くほかない」とコメント。Gearbox Softwareの訴訟により新作のお披露目が遅れたことを不幸であり衝撃的なことであったと伝え、Gearbox側に平和的な手段を望む意図は無く、今後も事態の解決に向け進んでいくとしています。

今年2月にも新作『Duke Nukem: Mass Destruction』に関連すると見られるティーザーサイトが登場。このプロジェクトを運営していたInterceptor Entertainmentと3D Realmsが、Gearbox Softwareより『Duke Nukem』の新作開発権利を巡り訴訟されていたこの問題。裁判へ発展することを望まない意向を明らかにしていたGearboxですが、現時点で両者が和解する道は見えていない模様です。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

    2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

  2. 「最も野心的な新規タイトル」制作のため新作バトロワ『STORMDIVERS』の開発が保留に

    「最も野心的な新規タイトル」制作のため新作バトロワ『STORMDIVERS』の開発が保留に

  3. 新たな故郷を求め深宇宙を旅する新作フライトシム『EARTH ANALOG』発表!

    新たな故郷を求め深宇宙を旅する新作フライトシム『EARTH ANALOG』発表!

  4. 『スターデューバレー』全世界での売り上げが1000万本以上であることが明らかに

  5. 不思議な地下世界で戦うSTG『Dezatopia』配信開始!4方向に弾を撃ち分け敵と戦え

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『オブザーバー』関連作と見られるティーザー「Incoming Call」公開―サイバーパンクホラー作品

  8. 【吉田輝和の絵日記】『龍が如く7 光と闇の行方』横浜で観光&転職しながら"スジモン”とコマンド式バトル!

  9. 『デビル メイ クライ 5』開発陣の「今だから言える告白」とは?バージルの「挑発返し」条件も判明する発売記念映像

  10. 『Hellblade』開発元が実験的タイトル『Project: Mara』を発表! 精神的な恐怖をリアルに再現

アクセスランキングをもっと見る

page top