EGX RezzedでDean Hall氏が登壇しSA版『DayZ』のロードマップを発表、売り上げや開発スタジオ買収も明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EGX RezzedでDean Hall氏が登壇しSA版『DayZ』のロードマップを発表、売り上げや開発スタジオ買収も明らかに

現在開催中の海外ゲームイベントEGX Rezzed 2014にて、ゾンビサバイバルゲーム『DayZ』のクリエイターとして知られるDean Hall氏が登壇し、Steam早期アクセスにて配信されている同作のスタンドアロン版のロードマップを発表しました。

ニュース 最新ニュース

Watch live video from EGX on TwitchTV

現在開催中の海外ゲームイベントEGX Rezzed 2014にて、ゾンビサバイバルゲーム『DayZ』のクリエイターとして知られるDean Hall氏が登壇し、Steam早期アクセスにて配信されている同作のスタンドアロン版のロードマップを発表しました。今後のアップデート内容や開発状況、加えて売り上げやスタジオ買収などの話も語られており、非常に興味深いものとなっています。

  • Mod版は200万以上のダウンロード、スタンドアロン版は170万本を販売。

  • Bohemia Interactiveが開発スタジオCauldron Studiosを買収。同スタジオはBohemia Interactive Slovakiaとして25人のスタッフがスタンドアロン版『DayZ』の開発に加わっている。

  • 当面の予定
  • 次のアップデートはうまく行けばで2週間以内、最悪でも4月末までにリリース。

  • 次回アップデートの主な要素
    ・より堅牢なテスト/配信プロセス
    ・弓矢/クロスボウ
    ・焚き火
    ・ネットワーク最適化
    ・同じサーバーにジョインする際のスポーンペナルティを廃止

  • 矢やボルトは回収可能。

  • 料理もできる焚き火はかまどにアップグレード可能。『Project Zomboid』の開発者の意見も参考にした。

  • サーバーにジョインしたプレイヤーが常にアイテムを発見できるように、分捕品は一定時間空になった状態の後、ワールドの特定象限でリスポーンする。また、ドアもリセットされる(開閉はランダム)。

  • サーバー管理者がゲーム内時間の経過を加速する事ができる(最速でリアルタイムの64倍)。

  • 投擲可能アイテムの追加 - 手に持てるアイテムは全て投擲可能。

  • 操作性の改善。

  • 2014年Q2
  • 新たな拳銃、ラグドール、改善されたAIパス探索も予定。

  • ラグドールはキャラクターの落下、気絶状態あるいは遺体のドラッグも視野に。

  • 64-bitへの対応も進行中。それによりゲームサーバーがより多くのメモリを使用できるようになり、新たな物理演算の統合、新たなゾンビAI、車両用物理演算の搭載などを手助けする。

  • プロトタイプの狩猟用動物 - 全6種類。

  • 雪や霧のような拡張された天候効果。

  • 冷蔵庫やオーブン、食器棚のような新しいコンテナアイテム。

  • 2014年Q3
  • AK-47。

  • より多くのゾンビ、プレイヤー、動物を可能にするマルチスレッド及びマルチコア対応。

  • 高度な動物 - 敵対/中立/コンパニオン。

  • 新たなゾンビの振る舞い
    ・より敏感
    ・再開発された“agro”システム
    ・ステルスへのより多くの利点

  • ゾンビの振る舞いはQ2で安定化され、Q3で拡張予定。

  • 中心的にコントロールされる分捕品。

  • 物理演算ベースのバリケード。ドアや窓など、既存の建物に焦点を置いている。

  • 基本的な乗り物 - 自転車/バイク/ATVなど。

  • Modサポート。Steam Workshopの統合。

  • 2014年Q4
  • Steam実績などのプレイヤー統計。

  • 作物を育てる収穫する園芸システム。プロトタイプが早い段階に登場。

  • 2014年Q4以降
  • 高度な乗り物 - 自動車/トラック/飛行機/ヘリコプター/ボートなど。構築するためのパーツは多くのプレイヤーや複数のサーバーの探索が必要になるかもしれない。

  • 更に高度な動物 - 馬。

  • 畜産。

  • 既存の建物に対する完全なバリケードや新たな建物の構築。

  • 派閥を認識する機能や占領地域とスポーンシステムの連動、より良いトレードUIなどのソーシャルメカニクス。

もちろん予定通りに進まない可能性はありますが、これらが全て実装された際には究極のサバイバルゲームとなるのではないでしょうか。今後は開発が順調に行われる事を祈ります。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ファークライ ニュードーン』がUK売上チャートで1位に!『メトロ エクソダス』は2位発進

    『ファークライ ニュードーン』がUK売上チャートで1位に!『メトロ エクソダス』は2位発進

  2. 妻帯ネズミのアクションRPG『Ghost of a Tale』PS4/XB1版が海外で3月12日発売決定

    妻帯ネズミのアクションRPG『Ghost of a Tale』PS4/XB1版が海外で3月12日発売決定

  3. 『ファイナルファンタジーXV』本編の35年前が舞台のDLC「EPISODE ARDYN」詳細発表―アーデンの過去描く短編アニメも

    『ファイナルファンタジーXV』本編の35年前が舞台のDLC「EPISODE ARDYN」詳細発表―アーデンの過去描く短編アニメも

  4. 幼児の手描きレースゲーム『Fromto』発表―共同でコースを作り自分だけがゴールを目指す

  5. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  6. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  7. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  8. 『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

  9. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  10. 『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

アクセスランキングをもっと見る

page top