「Snowdrop Engineの開発には5年をかけた」― 『The Division』の世界を描くUbisoftの新たなエンジンが誕生した理由とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「Snowdrop Engineの開発には5年をかけた」― 『The Division』の世界を描くUbisoftの新たなエンジンが誕生した理由とは

ニュース 最新ニュース



先日開催されたGDC 2014でも解説されていた、Ubisoft Massiveが手がける『The Division』の製作に用いられているSnowdrop Engine。大型タイトルをスマートに製作できるだけでなく、次世代機のポテンシャルを活かした贅沢なグラフィックの再現が可能なエンジンとして注目が集まっているゲームエンジンですが、その開発を行ったUbisoft Massiveの開発者が海外メディアのインタビューに応じています。

同スタジオのRodrigo Cortes氏いわく、エンジン開発には5年の歳月を要したとのこと。開発に着手する段階で「次世代機では何ができるのかを予想し、同時に我々にどのような制約があるのかも考えた」と説明。スウェーデンを拠点にしているUbisoft Massiveでは、数少ない限られたメンバーで市場で他のタイトルと充分に戦えるトリプルAタイトルを製作するために、同エンジンの開発を行っていました。

Ubisoftでは、『Assassin's Creed』のAnvilNextや『Far Cry 3』のDunia、『Watch Dogs』のDisruptなど様々なエンジンが存在しますが、このSnowdropが初の次世代機専用としてそのラインナップに加わることになります。
《ハンゾウ@編集部》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

    スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. HTC Vive公式ストア「Viveport」がOculus Riftのサポート発表―垣根を越える

    HTC Vive公式ストア「Viveport」がOculus Riftのサポート発表―垣根を越える

  4. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  5. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  6. 『レインボーシックス シージ』防衛初の盾持ち新オペレーター「Clash」の経歴が判明―TwitchとMiraが関係

  7. PC版『モンハン:ワールド』中国WeGameでの配信停止―「多数の苦情」のためか【UPDATE】

  8. SIE、マイクロソフトら「HDRのゲーム体験の更なる向上を目指す」"HGIG"に参画

  9. 噂:「SteamOS」にWindowsゲームへの対応機能が開発中か

  10. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!―誰でも無料で利用可能

アクセスランキングをもっと見る

page top