CryENGINE 3を採用したオープンエンドなWWII FPS『Enemy Front』北米版「Limited Edition」を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

CryENGINE 3を採用したオープンエンドなWWII FPS『Enemy Front』北米版「Limited Edition」を発表

PC Windows

CryENGINE 3を採用したオープンエンドなWWII FPS『Enemy Front』北米版「Limited Edition」を発表
  • CryENGINE 3を採用したオープンエンドなWWII FPS『Enemy Front』北米版「Limited Edition」を発表
  • CryENGINE 3を採用したオープンエンドなWWII FPS『Enemy Front』北米版「Limited Edition」を発表

CryENGINE 3を採用した第二次世界大戦FPS『Enemy Front』。北米にて2014年6月10日に発売される本作の「Limited Edition」が発表され、同梱内容が明らかになりました。

北米版「Limited Edition」には、サウンドトラックの他、スタンドアローンミッションレイド“St. Nazaire”が付属。また米軍の主力小銃で、強力なセミオートライフル“M1 GARAND”とイギリス軍の制式拳銃で、中折れ構造が特徴的な“WEBLEY PISTOL”が使用できるようです。

『Enemy Front』は2011年に正式発表された作品。ワルシャワ蜂起を背景に、ナチス・ドイツに立ち向かうレジスタンスと協力して、欧州各地で戦うアメリカ従軍記者Robert Hawkinsの活躍を描いています。オープンエンド環境を実現した本作は、高度な戦術性を持ったFPSとなっており、偵察や爆発物、射撃などを駆使し、数で勝る敵を誘い込み奇襲を行うことが可能。高度なAIを実装し、やりがいのある戦闘経験を提供するとのこと。

開発は、CI Games(旧City Interactive)が担当しており、幾度かの発売延期と3年の開発期間を経て、北米にて2014年6月10日、欧州で6月14日にPC/Xbox 360/PS3でリリースされます。「Limited Edition」は今のところ北米での発表のみで、他の地域で販売されるかは不明です。FPSで採用される機会がめっきり減った第二次世界大戦を舞台とした本作。待ち望んでいる人も多いのではないでしょうか。

以前公開されたゲームプレイトレイラー
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. カワイイけれどグロ注意なパズル『Merry Glade』配信中! 仄かに漂う狂気…

    カワイイけれどグロ注意なパズル『Merry Glade』配信中! 仄かに漂う狂気…

  2. げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『ファイヤープロレスリング ワールド』

    げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『ファイヤープロレスリング ワールド』

  3. 完成! 夢のお家リフォームシム『House Flipper』配信開始―アポカリプスDLCも…

    完成! 夢のお家リフォームシム『House Flipper』配信開始―アポカリプスDLCも…

  4. 日本の不良高校生を描くロシア産ACT『The friends of Ringo Ishikawa』がSteam配信!

  5. PC版『PUBG』イベントモード「WAR MODE : DESERT KNIGHTS」がカムバック!5人で頂点目指せ

  6. AndroidゲームをPCで起動できる「BlueStacks 3N」正式リリース―安全性の強化も実施

  7. 『ファイプロ ワールド』正式リリース!高山選手チャリティーDLCも同時配信開始

  8. Valve、3マッチパズル『HuniePop』に対しSteamからの削除を告知―「ポルノコンテンツのガイドラインに反しているため」【UPDATE】

  9. かつての海原を旅する航海ADV『FAR: Lone Sails』が配信開始! 君は最後の「1人」なのだろうか?

  10. 大改造!!劇的お家リフォームシム『House Flipper』登場―なんということでしょう…

アクセスランキングをもっと見る

page top