ルームランナー型VRデバイス「Omni」は早期予約者へ向け7月にリリース予定、Virtux Omniが発送時期を明確化 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ルームランナー型VRデバイス「Omni」は早期予約者へ向け7月にリリース予定、Virtux Omniが発送時期を明確化

ルームランナー型デバイス「Omni」。海外メディアらに対しVirtux Omniより詳細なリリース時期を伝え、早期に予約したユーザーへ向けては今年7月に発送を開始することが明らかにされました。

ゲーム機 ハードウェア
先週にも9月に配送されることが公式サイト上に掲載されたルームランナー型デバイス「Omni」ですが、新たに海外メディアらに対しVirtux Omniより詳細なリリース時期を伝え、早期に予約したユーザーへ向けては今年7月に発送を開始することが明らかにされました。

Virtux Omniによれば、すでに予約販売が以前より開始されているOmniは、早期に予約したユーザーに対しては今年7月にも発送される予定となっており、現段階よりプリオーダーしたユーザーに対して9月のユニット発送が予定されているとのこと。Omniの予約販売は2013年8月より開始されており、1台のOmniやシューズなどの備品を収録した「Virtuix Omni Natural Motion Interface」が499ドルとなっています。


米国における政治ビジネスニュース専門チャンネルCNBCの番組「Squawk on the Street」でも取り上げられた「Omni」。創設者でありCEOでもあるJan Goetgeluk氏が先週出演した

2012年に登場した「Oculus Rift」に続き2013年6月にKickstarterにてクラウドファンディングキャンペーンを実施し成功させた「Omni」は、Virtux Omni社が手がけるルームランナー型のVRデバイス。腰にハーネスを装着しOculus Riftと併用することで「実際に歩いて」ゲーム中を移動することが可能となる代物で、日本国内への配送は製品価格499ドルに加え150から250ドルの輸送費と付加税にて行えるとされています。
《ishigenn》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 16 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場

    あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場

  2. 『エースコンバット7』公認、PS4/PC対応フライトスティック「T-Flight Hotas 4」国内発売決定!

    『エースコンバット7』公認、PS4/PC対応フライトスティック「T-Flight Hotas 4」国内発売決定!

  3. 謎の侵入者から家族を救うPS VR対応ゲーム『Intruders: Hide and Seek』が2月に海外リリース

    謎の侵入者から家族を救うPS VR対応ゲーム『Intruders: Hide and Seek』が2月に海外リリース

  4. タニタ『電脳戦機バーチャロン』用ツインスティック、増産クラウドファンディングが目標金額を突破

  5. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

  6. VR巨大ロボ操縦シューター『Archangel』Steam配信開始!

  7. 初めてゲーミングモニターが届いたので機能を確かめてみた!―BenQ「EL2870U」

  8. VRアニメ『狼と香辛料VR』公式サイトがオープン!音楽は前作に引き続きn-bunaが担当

  9. PC版『マインクラフト』にPNG形式のスキンを装ったマルウェアが流行中ー既に約5万人の感染が確認済

  10. 生産終了済みの「Steamリンク」在庫も全世界でほぼ完売ーハードウェアサポートとアプリ配信は継続

アクセスランキングをもっと見る

page top