「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

Game*Spark編集部が「プレイステーション クラシック」内に複数の非収録タイトルのファイルが残っていることについてSIEJAに問い合わせたところ、「コメントを差し控えさせていただきます」との返答を受けました。

ゲーム機 ハードウェア
「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント
  • 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント
  • 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが12月3日に発売したゲーム機「PlayStation Classic(プレイステーション クラシック)」ですが、本機内に36本におよぶ隠しタイトルのファイルが残っていることが、12月5日に海外メディアより報じられました。

海外メディアGameRevolutionによると、「プレイステーション クラシック」より入手したとみられるソースコードは、GitHubにて共有されており、その中にはコンソール上では再生できない多数のゲームファイルが含まれているとのこと。日本、ヨーロッパ、北米の3地域別のファイルが確認でき、『サイレントヒル』『Tom Clancy's Rainbow Six』『ロックマンDASH』などの名前が見られます。

Game*Spark編集部は本件について、12月6日時点でSIEJAに以下3点の内容を問い合わせました。

・今回報道されている件は事実なのでしょうか?
・事実ならば、どのような原因で本体にファイルが残っていたのでしょうか?
・今後、なんらかのタイミングでゲームをアンロックする可能性や、方法はあるのでしょうか?

SIEJAの広報担当者は編集部の問い合わせに対して、「状況は認識しておりますが、セキュリティに関わる内容のため詳細についてはコメントを差し控えさせていただきます。」と返答しました。

今後も、Game*Sparkでは続報が入り次第お伝えいたします。
《Game*Spark》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. コスパ優良ゲーミングモニタ「AVISTA」レビュー。選び方とおすすめモデルを紹介

    コスパ優良ゲーミングモニタ「AVISTA」レビュー。選び方とおすすめモデルを紹介

  2. 自動生成ダンジョンで物理ベースの自在な戦闘!VR ACT『くれりっくさんはすぐゴブリンにさらわれる』Steam版が発表

    自動生成ダンジョンで物理ベースの自在な戦闘!VR ACT『くれりっくさんはすぐゴブリンにさらわれる』Steam版が発表

  3. リアルすぎて見分けがつかない!?『The Callisto Protocol』ゲームモデルと実写の比較画像が凄い

    リアルすぎて見分けがつかない!?『The Callisto Protocol』ゲームモデルと実写の比較画像が凄い

  4. 本格農業シムをトラクターみたいなコントローラーで遊んでみない?ホリが『Farming Simulator』専用コンのモニターを募集

  5. 海外サイトが選ぶ「初代ゲームボーイ名作タイトルベスト25」

  6. 【Steam Deckお悩み解決】日本語入力のやり方は?スクリーンショットの取り出し方は?

  7. PCケースメーカーNZXT、『Fallout』“ヌカ・コーラ”テーマの限定ケースを数量限定発売【UPDATE】

  8. PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

  9. 全304本!Meta Quest 3で遊べる「Xbox Cloud Gaming」ゲーム一覧をチェック。『Starfield』『PAYDAY 3』なども対象

  10. 「市場操作」か?「需要と供給」か?議会を巻き込んだイギリスの仁義なき転売事情

アクセスランキングをもっと見る

page top