『クラッシュ・バンディクー』や『The Last of Us』を手掛けたNaughty Dogが設立から30周年を迎える | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『クラッシュ・バンディクー』や『The Last of Us』を手掛けたNaughty Dogが設立から30周年を迎える

米国カリフォルニア州に拠点を置くNaughty Dogは、ゲーム開発を開始してから30周年を迎えたことを発表しました。

ニュース 発表


米国カリフォルニア州に拠点を置くNaughty Dogは、ゲーム開発を開始してから30周年を迎えたことを発表しました。

また30周年記念として、Dark House Comicsから同社の歴史を紐解く、「The Art of Naughty Dog」を2014年後半にリリースすることを発表しています。これは同社が開発した過去作のアートワークなどを収録した本です。本書のローンチイベントも今年後半に計画しており、その詳細は決まり次第プランを発表していくとのことです。


『クラッシュ・バンディクー』の主人公クラッシュは、国内でPlayStationのマスコットキャラクターにもなった。

同社は元々1984年に、Andrew Gavin氏とJason Rubin氏が設立したJAM(Jason and Andy Magic) Softwareを母体としています。JAM Software設立から5年後、パブリッシャーの支援を受けNaughty Dogと改名しApple IIGS/Amiga/DOS向けの初タイトル『Keef the Thief』を開発して、その名を刻みました。90年代にはPlayStationで『クラッシュ・バンディクー(Crash Bandicoot)』シリーズを3作、『クラッシュ・バンディクーレーシング(Crash Team Racing)』などを制作して人気を博します。


『ジャック×ダクスター』の国内CM

2001年にはNaughty DogはSCEに買収され、PlayStation 2で『ジャック×ダクスター』シリーズを開発(三作目に当たる『Jak 3』と、レーシングゲーム『Jak X: Combat Racing』は国内ではリリースされていない)。PlayStation 3に移り、2007年からアクションアドベンチャーの『アンチャーテッド(Uncharted)』シリーズを制作して大きな評価を得た他。昨年には数々の賞を受賞したサバイバルアクション、『The Last of Us』を手掛けました。


同社の『アンチャーテッド』最新作はPS4でリリースが予定されている


昨年公開された『The Last of Us』日本プレミア版トレイラー
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』がGOTY!「Golden Joystick Awards 2019」受賞作品リスト ― 生涯功労賞は鈴木裕氏

    『バイオハザード RE:2』がGOTY!「Golden Joystick Awards 2019」受賞作品リスト ― 生涯功労賞は鈴木裕氏

  2. オープンワールドサバイバル『Rust』Xbox One版に続きPS4版も発表!

    オープンワールドサバイバル『Rust』Xbox One版に続きPS4版も発表!

  3. Amazonパントリーキャンペーンの賞品に『ポケモン ソード・シールド』200本が追加!

    Amazonパントリーキャンペーンの賞品に『ポケモン ソード・シールド』200本が追加!

  4. 『FF7 リメイク』マテリアや召喚獣を加えたバトルシステムを公開!対アプス戦の映像で新要素をまとめてチェック

  5. Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

  6. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  7. 『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』プレイヤーを迷わせる魅力的な力「クラス3」の情報が公開!光と闇の計4クラス…君はどれを選ぶ?

  8. 『DEATH STRANDING』コレクターズエディション開封の儀!BBポッドの圧倒的存在感、小旅行にも使えるBRIDGESケースなどが同梱

  9. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top