映画版『BioShock』かついに再スタートか、Sony Picturesが関連ドメイン3つを先月にも取得 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

映画版『BioShock』かついに再スタートか、Sony Picturesが関連ドメイン3つを先月にも取得

ゲーム文化 カルチャー

当初はJuan Carlos Fresnadillo監督がメガホンを取るはずが、プロジェクトの縮小や監督の交代などを経て日の目を見ないまま沈んでいる映画版『BioShock』。2012年5月にはKen Levine氏によって水面下で進行していることが伝えられた中、Sony Picturesが2014年3月にも3種類のドメインを取得していたことが明らかとなりました。

これは海外メディアKotakuにて連載を持つ情報発掘でお馴染みSuperannuation氏が調査したもので、取得されたと見られるドメインは「bioshock-movie.com」「bioshock-movie.net」「bio-shock.net」の3種類。映画版『BioShock』は当初Universal Picturesが製作を担当すると伝えられていましたが、近年『Watch Dogs』や『Uncharted』や『The Last of Us』など、ゲームの映画化を積極的に取り組むSony Picturesへと製作が移行したのではないのかとも今回の一見にて見られています。

当初は『パイレーツ・オブ・カリビアン』のGore監督のもとUniversalと製作が進められる予定だった映画版『BioShock』は、その後『28週間後…』で知られるJuan Carlos Fresnadilloディレクターが製作を担当し、そのJuan氏も降板。シリーズを生み出したKen Levine氏は昨年にも映画版『ウォッチメン』の失敗に触れ、R指定の大作映画をUniversalが作りたがらない意向により2KやIrrational側と決裂したことを明かしていました。

なお先月には『BioShock Infinite』のエリザベス役として知られるCourtnee Draper氏が、Ken Levine氏と映画版『BioShock』にてエリザベス役として出たいと求めていることを、冗談交じりの雰囲気と共に伝えていました。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 18 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. まるでSF映画?『オーバーウォッチ』リアルタイムにアドバイスをくれる外部ツール「Visor」登場!

    まるでSF映画?『オーバーウォッチ』リアルタイムにアドバイスをくれる外部ツール「Visor」登場!

  2. さながらサンタクロース!『No Man's Sky』で高額アイテムの配布を予告するプレイヤー現る

    さながらサンタクロース!『No Man's Sky』で高額アイテムの配布を予告するプレイヤー現る

  3. 懐かしさ溢れる!PS4向け“初代”風非公式カスタムテーマ映像―歴代PS販売5億台記念

    懐かしさ溢れる!PS4向け“初代”風非公式カスタムテーマ映像―歴代PS販売5億台記念

  4. 『ライフ イズ ストレンジ』コミックのデジタル版が海外で予約開始!「数ある可能性の中の1つ」

  5. 海外版ポケモンカードの初期ボックスがオークションにて約620万円で落札!高騰の原因は「リザードン」?

  6. トム・ホランド主演の『アンチャーテッド』実写映画がいよいよ本格始動かー監督が言及

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. シリーズ15周年記念「SIREN展」が東京・中野でスタート!初日は盛況で整理券配布終了

  9. 情熱大陸「ときど」特集回が8月19日まで無料配信中―東大卒プロゲーマーの素顔とは

  10. 『Dead by Daylight』2周年を記念したグッズが販売開始!ー抽選で“ハントレス”のマスクも

アクセスランキングをもっと見る

page top