コンソール機が非常に高価なブラジルで成長を続けるF2P市場 ― 市場規模は4.7億ドル | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コンソール機が非常に高価なブラジルで成長を続けるF2P市場 ― 市場規模は4.7億ドル

PlayStation 4やXbox Oneなど、コンソール機が高い関税により非常に高額となっているブラジル。PS4が約18万円だったり、PS3が約9万円(ローンチ時)だったりと手を出すには敷居が高いものとなっています。そんなブラジルで今、Free-to-Play市場が急成長を遂げています。

ニュース ゲーム業界
コンソール機が非常に高価なブラジルで成長を続けるF2P市場 ― 市場規模は4.7億ドル
  • コンソール機が非常に高価なブラジルで成長を続けるF2P市場 ― 市場規模は4.7億ドル

PlayStation 4やXbox Oneなど、コンソール機が高い関税により非常に高額となっているブラジル。PS4が約18万円だったり、PS3が約9万円(ローンチ時、現在は約5万円)だったりと手を出すには敷居が高いものとなっています。そんなブラジルで今、Free-to-Play市場が急成長を遂げています。

これは海外メディアGameIndustry Internationalの報告により明らかになったもので、2013年のブラジルにおけるゲーマー人口は5150万人。そのうち1720万人(ゲーマー人口の約33%)がF2PのPCゲームを遊んでいるとのこと。F2Pユーザーの7%にあたる340万人がプレミアムメンバーシップに加入しており、ゲーム内アイテムなどを購入しているユーザーは11%の550万人となっています。

前年比で見るとユーザー数は約20%増加しており、その背景には経済成長による世帯収入の増加、それに伴うPC所有率の上昇とブロードバンド環境の普及、高価なコンソール機の価格などがあると思われます。ブラジルのF2P市場規模は4.7億ドル(約482億円)と報告されており、そのほとんどはゲーム内アイテムの購入によって形成されているようです。

ブラジル国内の特殊な事情があるとはいえ、4.7億ドルまで成長したブラジルF2P市場。世界のゲーム市場におけるF2Pビジネスモデルの未来を示しているかもしれません。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 仕事は悪魔祓いだけじゃない!司祭シム『Priest Simulator』発表

    仕事は悪魔祓いだけじゃない!司祭シム『Priest Simulator』発表

  2. 出演作品で大体死ぬ俳優ショーン・ビーンが『ヒットマン2』期間限定ミッションの暗殺対象に!

    出演作品で大体死ぬ俳優ショーン・ビーンが『ヒットマン2』期間限定ミッションの暗殺対象に!

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』のレビュー解禁は発売前日の10月25日と判明

    『レッド・デッド・リデンプション2』のレビュー解禁は発売前日の10月25日と判明

  4. 『オーバーウォッチ』チャリティで集まった寄付金の使途が公開―乳がん研究に貢献

  5. アートなビジュアルの協力型パズル『DERU - The Art of Cooperation』11月7日発売決定

  6. 2Dドットレーシング『Super Pixel Racers』海外向けに10月31日発売決定―天候の表現や自動生成コースも

  7. 地獄ホラー『Agony』の無規制版『Agony UNRATED』やっぱり登場か!? Steamページが出現

  8. ゲームサービス「G123.jp」リニューアルキャンペーン開催決定!傳谷英里香さんと天龍源一郎さんがアンバサダーに

  9. 『Amnesia』『SOMA』開発元が新たなスタッフを募集―「新作は完成に近づいている」

  10. 『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

アクセスランキングをもっと見る

page top