PC/コンソール版『Watch Dogs』プレイヤーと対戦できる無料アプリ「ctOS Mobile」5月27日リリースへ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC/コンソール版『Watch Dogs』プレイヤーと対戦できる無料アプリ「ctOS Mobile」5月27日リリースへ

『Watch Dogs』向けのモバイルアプリ「ctOS Mobile」の詳細を発表しました。同アプリはゲームのローンチと同じく現地時間の5月27日にリリースされる予定で、公式ブログUbiblogではその詳細が明らかにされています。

アプリゲーム iOS

本日Ubisoftは、発売近づく新作オープンワールドゲーム『Watch Dogs』向けのモバイルアプリ「ctOS Mobile」の詳細を発表しました。同アプリはゲームのローンチと同じく現地時間の5月27日にリリースされる予定で、公式ブログUbiblogではその詳細が明らかにされています。

「ctOS Mobile」は「レース」と「フリーライド」2種類のモードを収録したゲームアプリで、各モードに13種類のチャレンジを収録。『Watch Dogs』本編のアンロックコンテンツなどは存在しないものの、最大の特徴としてコンソール/PC版のプレイヤーとモバイル版のプレイヤーが対戦する形式を両モードにて採用しています。

ゲームマッチ内ではコンソール/PC版のプレイヤーは制限時間内にチェックポイントへの到達を目指す一方で、モバイル版のプレイヤーは見下ろし視点で街をチェックしてハッキングを行い、障害物を発生させ爆発を起こすことが可能。さらにスナイパーが配備されたヘリで攻撃したり警察を送り込むといった工作で、PC/コンソール版プレイヤーが時間内にポイントへ到達するのを妨害します。





レースモードはチェックポイント間の距離が短くGPSも表示されているのに対し、フリーライドモードではチェックポイント間の距離が長くなりGPSはデフォルトでオフにされているとのこと。同アプリを手がけたリードゲームプレイデザイナーPhilippe Baude氏は、フリーライドの方が若干難しく戦略的なモードだと語っています。

なお同アプリは無料での配信が予定されているものの、ゲームプレイにはUplayかPSN/Xbox LIVE(無料/シルバー)のアカウントが必要に。ゲームはフレンドを招待しての対戦のほか、見知らぬプレイヤーと戦うクイックマッチも用意されています。対応機種は公式ブログからチェックしましょう。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『Stellaris: Galaxy Command』アートワークの流用が判明、ベータテスト開始日にサービス一時停止

    『Stellaris: Galaxy Command』アートワークの流用が判明、ベータテスト開始日にサービス一時停止

  2. 悪路ドライブシム『MudRunner』のモバイル版が7月15日iOS/Android向けに配信―予約注文受付中

    悪路ドライブシム『MudRunner』のモバイル版が7月15日iOS/Android向けに配信―予約注文受付中

  3. 『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

    『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

  4. iOS/Android『マリオカート ツアー』でSFCの「おばけぬま 1」が復活!ショートカットや意外な再現度をチェック

  5. 『フォートナイト』Android版ベータテストの対応機種がさらに拡張!Xperia XZなどが新たに対応

  6. 『DARK SOULS III』インスパイアのモバイルゲーム『Slashy Souls』が海外配信

  7. 『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた―地方都市レポ

  8. 「Steamリンク」iOS版アプリがついに登場!iPhoneでもリモートでSteamゲームが楽しめる

  9. モバイル向け一人称視点ホラー新作『Lost Within』がリリース―開発は『Prey』のHuman Head

  10. Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

アクセスランキングをもっと見る

page top