今年3月に姿を消したSteam版『Bulletstorm』が再び販売開始、GfWLは据え置きのままに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今年3月に姿を消したSteam版『Bulletstorm』が再び販売開始、GfWLは据え置きのままに

『Bulletstorm』。年内のサービス終了が明らかとなっているGames for Windows LIVEを削除したバージョンが登場するのではと噂されていた中、特になんの説明もないまま同作がSteamの商品ページに戻ってきました。

PC Windows
今年3月、突如としてSteamから削除されOriginからしか入手が出来ない状況となっていた『Bulletstorm』。年内のサービス終了が明らかとなっているGames for Windows LIVEを削除したバージョンが登場するのではと噂されていた中、特になんの説明もないまま同作がSteamの商品ページに戻ってきました。

Epic Games Poland(旧People Can Fly)とEpic Gamesが共同して開発を担当し2011年に発売された『Bulletstorm』。マップ中に配置されたトラップやオブジェクトの数々を駆使してコンボキルを決めていく「スキルショット」システムが特徴のFPSで、当時海外メディアからは良好な評価を獲得していました。

先日Steamから姿を消した際と同様に、現時点でEpic GamesおよびEAからの説明は特にないものの、商品ページの記述を見る限りでは噂されていたGames for Windows LIVEの削除やSteamWorksへの統合はされていない模様。一体なぜ姿を消しのか真相は謎のままですが、ひとまず今後もSteamで『Bulletstorm』を購入することは可能となるようです。ただし現在も同作へのアクセスは国内から規制されています。
《ishigenn》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

  • 「今のゲームは60ドルで狂気の沙汰」『Bulletstorm』元開発者が低価格化とフランチャイズ化を語る 画像 「今のゲームは60ドルで狂気の沙汰」『Bulletstorm』元開発者が低価格化とフランチャイズ化を語る
  • Epic GamesのFPS『Bulletstorm』がSteamストアなどから削除、Originでは現在も購入可能な状態 画像 Epic GamesのFPS『Bulletstorm』がSteamストアなどから削除、Originでは現在も購入可能な状態

PC アクセスランキング

  1. 雑草も食べられるフリーADV『TAKANARIA』配信開始―ピクセルで描かれるのどかな無人島散策

    雑草も食べられるフリーADV『TAKANARIA』配信開始―ピクセルで描かれるのどかな無人島散策

  2. 無法司祭シム『Priest Simulator』トレイラー映像公開!賄賂・暗殺・悪魔射殺までなんでもアリ

    無法司祭シム『Priest Simulator』トレイラー映像公開!賄賂・暗殺・悪魔射殺までなんでもアリ

  3. 『Fallout 76』新パッチノート公開!「光りし者」のXP取得量調整などバランス調整も

    『Fallout 76』新パッチノート公開!「光りし者」のXP取得量調整などバランス調整も

  4. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』新拡張「エルスウェーア」海外発表―カジートの故郷にドラゴンの影も

  5. 英雄が救った後の世界を再建するRPG『Littlewood』Kickstarter開始から僅か2時間で目標額達成

  6. 『ファークライ ニュードーン』海外向けにPCスペック情報が公開!

  7. サイバーパンクローグライト『Neon Blight』無料アルファ版配信開始ーガンショップのオーナーとして街を駆けろ

  8. ものづくりや冒険が楽しめる新作サンドボックスRPG『My Time at Portia』が正式リリース!

  9. 90年代クラシックRPGにインスパイアされた『Legends of Amberland』が2019年Q1にリリース予定

  10. 『鬼武者』Steam版が配信開始!1月17日よりカプコンカフェとのコラボレーションも決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top