『STEINS;GATE』登場組織のモデルとなった粒子物理学研究所CERNが海外フォーラムで話題 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『STEINS;GATE』登場組織のモデルとなった粒子物理学研究所CERNが海外フォーラムで話題

『STEINS;GATE』に登場する研究機関SERNのモデルとなっているヨーロッパの粒子物理学研究所CERNの研究者が、海外フォーラムRedditに質問を募るスレッドを立て、同作のファンから注目を集めています。

ゲーム文化 その他
『STEINS;GATE』登場組織のモデルとなった粒子物理学研究所CERNが海外フォーラムで話題
  • 『STEINS;GATE』登場組織のモデルとなった粒子物理学研究所CERNが海外フォーラムで話題
相対性理論などの物理学やタイムパラドックスをテーマにした想定科学アドベンチャーゲーム『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』。作中に登場する研究機関SERNのモデルとなっているヨーロッパの粒子物理学研究所CERNの研究者が、海外フォーラムRedditに質問を募るスレッドを立て、同作のファンから注目を集めています。

スレッドのタイトルは「大型ハドロン衝突型加速器やワールドワイドウェブ生みの親、CERNの科学者だけど何か質問ある?」 同分野の研究から研究所に関する一般的な事柄まで、ユーザーの疑問に何でも答えるというものでした。しかし、タイムマシーンに関する研究は行っているかという質問に対し、「それはSERNに任せたよ」という『STEINS;GATE』に登場する固有名詞を出すと流れは一転。

同作のファンが過剰な反応を示し、「CERNがシュタインズについて言及するなんて!」「タイムマシーンの研究は進んでるの? 昨日来てもう一度聞くべきかな」など、作品の内容に絡めてスレッドは一気に盛り上がりを見せました。CERNが同作に登場するような粒子加速装置を用いたタイムトラベルの研究を現実に行っているかは不明ですが、SERNという単語を出したことからもスレッドを立てた研究者は同作の内容を少なからず知っているようです。

その後もファンからの作品に絡んだ質問は続き、岡部倫太郎という名に心当たりはあるかという質問に対しては、「シュタインズゲートだっけ? うちはまだタイムマシーンはやってないよ。昨日もう一度聞いてくれ。5年以内に変わっていなければね」と回答。この科学者が同作のファンであることは間違いないようです。

しかし、全体的なスレッドの流れとしては本題から逸れることはなく、「これまでで最もクールな研究は?」「研究内容への政治的介入はどれくらいあるのか」や「加速装置をオンにした時はどんな感じなの?」「1ヶ月の電気代は?」といった、ユーザーから寄せられる一般的な質問への回答に終始徹底。それ以上『STEINS;GATE』に関する言及はなかったようです。

CERNが取り組んでいる研究内容には極秘事項も少なからずあり、SF作品に登場するような科学技術や理論が現実に研究されているかどうかは定かではありません。しかし、フィクション作品の歴史と科学の発展に多くの共通点が見られるように、同作に登場する概念に近いものが現実になる時代もいつかの日か訪れるのかもしれません。
《河合 律子》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 日本語でプレイするために1年間勉強を続けたという海外ゲーマーが話題に―日に4,5時間日本語に触れるという熱量

    日本語でプレイするために1年間勉強を続けたという海外ゲーマーが話題に―日に4,5時間日本語に触れるという熱量

  2. 最後にプレイしたゲームの世界で1年過ごせば億万長者!その過酷な暮らしを想像し武者震いする海外ゲーマー達

    最後にプレイしたゲームの世界で1年過ごせば億万長者!その過酷な暮らしを想像し武者震いする海外ゲーマー達

  3. 「もう二度と胸の小さなキャラは作らない」キャラが未成年と見做され、SteamからゲームをBANされた開発元の嘆き

    「もう二度と胸の小さなキャラは作らない」キャラが未成年と見做され、SteamからゲームをBANされた開発元の嘆き

  4. また『DOOM』が予想外の機械に移植されてしまった―今度は電動歯ブラシに登場

  5. 千葉のプロeスポーツチーム代表が“失踪”―チームは解散へ…『Apex Legends』や『スマブラSP』など4つの部門で計17名が新たなチームを探すことに

  6. 2024年2月に世界で最も視聴されたTwitchストリーマートップ10に釈迦と加藤純一がランクイン…女性ランキングではぶいすぽっ!「橘ひなの」も

  7. 4月12日の配信迫るドラマ版「Fallout」は“ほぼ『Fallout 5』”!? 正史にも仲間入りする映像作品

  8. 「Xbox Partner Preview」3月7日配信―カプコン新作『祇 -Path of the Goddess-』ゲームプレイなど12以上の新トレイラー公開

  9. 若い人にはわからない?昔は当たり前だったゲーマーの“慣習”いろいろ…説明書熟読から体験版ディスクまで、懐かしさに思いを馳せる

  10. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

アクセスランキングをもっと見る

page top