日本よ、これがゲーセンだ!アメリカのゲームセンター「デイブ&バスターズ」体験レポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本よ、これがゲーセンだ!アメリカのゲームセンター「デイブ&バスターズ」体験レポート

ゲーム文化 その他

日本よ、これがゲーセンだ!アメリカのゲームセンター「デイブ&バスターズ」体験レポート
  • 日本よ、これがゲーセンだ!アメリカのゲームセンター「デイブ&バスターズ」体験レポート
日本では昔から若者の文化になっているゲームセンターですが、ビデオゲーム大国アメリカではどうなのか、ニューヨーク在住の筆者がレポートしてみたいと思います。


ニューヨークのエンターテイメントの中心であるタイムズスクエア。数々のミュージカルシアターや映画館が立ち並ぶこの区域ですが、意外とゲームセンターは一つしかありません。


そのゲームセンターはタイムズスクエアの商業ビルの中にある「デイブ&バスターズ(Dave and Buster’s)」というアメリカではメジャーなチェーン店です。ここは日本のゲームセンターと違い、レストランとゲームセンターが併設されています。しかし、ゲームコーナーだけで遊ぶことも可能なので、旅行の際に気軽に覗くこともできると思います。



「デイブ&バスターズ」はゲームセンターとしてのシステムも日本とは大きく異なります。まず、入り口付近にあるカード発券機でゲームをプレイするためのプリペイドカードを購入します。金額は25ドル、35ドル、50ドルから選べます。一度カードを購入すれば、あとから金額をチャージすることも可能のようでした。

ここのゲームセンターのゲームは硬貨などの現金でプレイすることはできず、筐体の読み取り機に磁気式のプリペイドカードをスワイプさせるとプレイできる仕様となっています。


さて、肝心のゲームですが、『マリオカート アーケードグランプリDX』や『ダンスダンスレボリューション』など日本のゲームセンターでも見かけるものもあります。しかし、大多数は日本とは異なるラインナップとなっていて、大きく目を引いたのは、iOSやAndroid向けゲームをゲームセンター用に大型化した筐体でしょう。


『Infinity Blade』や『Cut the Rope』、『Temple Run』などスマートフォンで大ヒットしたモバイルゲームが、大型のタッチスクリーンや専用コントローラーでプレイすることが可能です。


これらのプレイ感覚はスマートフォンやタブレットで操作している感覚とは大きく異なり、ほとんどスポーツに近い体の動きが求められます。筆者は『Infinity Blade』と『Fruitu Ninja』をプレイしただけでヘトヘトになってしまいました。



その他には、4人プレイが可能の『パックマン』や映画版の『トランスフォーマー』の大型筐体などが目立っていました。


ビデオゲーム以外にも、定番のコインゲームや、アメリカンなゆるキャラのぬいぐるみが取れるUFOキャッチャーなどがあります。



「デイブ&バスターズ」では一部のゲームをプレイして高得点を出すと、筐体からクーポンが出てきます。このクーポンを集めてゲームセンター内にある景品コーナーに持って行くと、クーポンの点数に見合った景品をもらうことができます。


景品は一般に売っている玩具から「デイブ&バスターズ」のオリジナルグッズなど様々です。


ゲームセンター内にはお酒が飲めるバーカウンターなどもあり、カクテルを飲みながらゲームをプレイする若者グループの姿も見受けられました。ここは子供だけでなく大人のエンターテイメントとして親しまれているようでした。



「デイブ&バスターズ」はアメリカ各地に店舗があるので、アメリカへ旅行された際は訪れてみてはいかがでしょうか。ゲーマー心を刺激されること請け合いです。
《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 24 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 開発中止の『Prey 2』海外メディアが秘蔵開発エピソードを解説…お蔵入りとなった「衝撃展開」とは

    開発中止の『Prey 2』海外メディアが秘蔵開発エピソードを解説…お蔵入りとなった「衝撃展開」とは

  2. PC版『オーバーウォッチ』トーナメントが7月1日開催―優勝賞金30万円!

    PC版『オーバーウォッチ』トーナメントが7月1日開催―優勝賞金30万円!

  3. 動画配信サービス「Beam」名称変更、「Mixer」へ

    動画配信サービス「Beam」名称変更、「Mixer」へ

  4. 自分の街が『ラスアス』風になるサイト「Urban Jungle」がスゴイ

  5. 「A 5th of BitSummit」総来場者数は過去最高、前年比45%増―インディー人気を反映か

  6. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  7. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  8. ダークファンタジー2Dアクション『Blasphemous』Kickstarterに登場

  9. アニメ版『悪魔城ドラキュラ』ティーザー映像公開!「キャッスルヴァニア」として国内でも配信【UPDATE】

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top