酷評を受けた『Basement Crawl』が名称を変更してゼロから再構築 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

酷評を受けた『Basement Crawl』が名称を変更してゼロから再構築

今年2月にPS4向けに配信されたものの、多くのレビュアーから厳しい評価を受けてしまったボンバーマン風の対戦アクション『Basement Crawl』。5月にはゲームをゼロから再構築する計画が伝えられていましたが、デベロッパーのBloober Teamは現在の状況を明らかにしました。

家庭用ゲーム PS4

今年2月にPlayStation 4向けに配信されたものの、多くのレビュアーから厳しい評価を受けてしまったボンバーマン風の対戦アクション『Basement Crawl』。5月には新しいエンジンを使用してゲームをゼロから再構築する計画が伝えられていましたが、デベロッパーのBloober Teamは僅かながら新情報を明らかにしました。

名称が『Basement Brawl』に変更される新バージョンにはシングルプレイヤーが搭載(『Basement Crawl』はマルチプレイヤーオンリーだった)。ゲームの舞台やキャラクターに関するバックストーリーなどが語られるキャンペーンとなるそうです。また、今後数週間にはより詳細なキャラクター情報や多くのゲームプレイ映像が披露されるとの事。


果たして新バージョン『Basement Brawl』はどれだけパワーアップするのでしょうか。リリースは2014年Q4が目標となっていますが、マーケティング・マネージャーのMarc Colhoun氏は「リリース日に合わせて努力するのではなく、良いゲームを作る事に焦点を当てている」と語っています。なお、『Basement Crawl』の購入者には『Basement Brawl』が無料で提供されます。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

    PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

  2. 『レッド・デッド・オンライン』次回アップデート内容が公開ーPK被害に対応するシステムが追加

    『レッド・デッド・オンライン』次回アップデート内容が公開ーPK被害に対応するシステムが追加

  3. 沈黙続くPS4新作オープンワールド『WiLD』に新たな動き?SIEが米国で商標登録

    沈黙続くPS4新作オープンワールド『WiLD』に新たな動き?SIEが米国で商標登録

  4. 『Apex Legends』シーズン1&オクタン実装の新アプデパッチノート!チートBAN数は約50万アカウントに

  5. 『Anthem』今後の展開が予告―"天変地異"に向けワールドイベント、ストーリーなどを開発中

  6. リズムローグライク『ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』発表!

  7. 『ディビジョン2』複数のバグを修正するアップデート情報が海外公式フォーラムで公開

  8. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  9. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』「隻狼」の主張が強すぎる特別なPS4 Proが登場―海外限定のキャンペーンで

  10. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』脳汁ドバドバ!めっちゃ気持ちいい瞬間5選

アクセスランキングをもっと見る

1
page top