SCEA、『Killzone Shadow Fall』の解像度を誇張したとしてカリフォルニア在住男性より訴訟うける | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SCEA、『Killzone Shadow Fall』の解像度を誇張したとしてカリフォルニア在住男性より訴訟うける

PS4向けFPS『Killzone Shadow Fall』のマルチプレイヤーモードがプロモーションにて伝えられていた通りの解像度で動作しなかったとして、Sony Computer Entertainment Americaが虚偽のマーケティングを理由に訴訟されていたことが明らかとなりました。

ニュース ゲーム業界
PS4向けFPS『Killzone Shadow Fall』のマルチプレイヤーモードがプロモーションにて伝えられていた通りの解像度で動作しなかったとして、Sony Computer Entertainment Americaが虚偽のマーケティングを理由に訴訟されていたことが明らかとなりました。海外メディアPolygonが報じています。

米国カリフォルニア州イリノイ北地区の裁判所に対して訴えを起こしたのは同州に在住する男性Douglas Ladore氏。同氏は訴えの中で、一見『Killzone Shadow Fall』は1080pにて動作しているものの、技術的な抜け道を利用して"よく似た結果"をもたらしていると主張しています。

Douglas Ladore氏の訴えは、ゲーム関連の訴訟にて知られる法律事務所Edelson PCを通して提起されています。Edelson PCは『Battlefield 3』を予約したPS3ユーザーに『Battlefield 1943』を無料配布すると約束していたソニーとEAを2011年に集団訴訟。また現在はGearboxが『Aliens: Colonial Marines』で製品版と全く異なるデモをイベントに展示したとする集団訴訟を担当しています。

『Killzone Shadow Fall』の解像度に関する騒動が始まったのは今年3月です。発売前から1080pでの動作がアピールされていた同作ですが、EurogamerのDigital Foundryコーナーがマルチプレイヤーモードは「高品質のアップスケーリング技術」を用いた解像度960/1080であると指摘。これに対しGuerrilla Gamesは公式サイトにてアップスケールではなく「Temporal Reprojection」と呼ばれる技術を用いた上での1080pであると解説していました。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 81 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  2. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

    PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  3. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

    『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  4. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

  7. SFパズルアドベンチャー『Afterlight』がPC向けに発表!4月からKickstarterを予定

  8. 『実況パワフルプロ野球』最新作がスイッチで登場! いつでもどこでも熱い対戦が楽しめる

  9. 『ポケモンGO』バレンタインイベント実施!「ピッピ」など“ピンク色ポケモン”をピックアップ

  10. SFMMOシューター『PlanetSide Arena』リリースが2019年夏に延期ー海外PS4版も発表

アクセスランキングをもっと見る

page top