ロビン・ウィリアムズをゲームに登場させて ― 『World of Warcraft』のファンが署名運動 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロビン・ウィリアムズをゲームに登場させて ― 『World of Warcraft』のファンが署名運動

ゲーム文化 カルチャー

(C) Getty Images
  • (C) Getty Images
  • (C) Getty Images
63歳で他界し、自宅で首つり自殺をしたとも報じられている、ハリウッドベテラン俳優でコメディアンのロビン・ウィリアムズさん。

彼は生前、Blizzardの人気MMORPG『World of Warcraft(WoW)』の熱心なプレイヤーだったことを明らかにしていて、突然の訃報を知ったファンらが、『WoW』のゲーム中にウィリアムズさんをNPC(ノンプレイヤーキャラクター)として登場させようという署名運動を発足させています。

この要求は、さっそくBlizzard社員の目に止まり、同社テクニカルゲームデザイナーのChadd Nervigg氏は、署名運動について「もちろん、見ているところです」とツイート。この発言が、実現を意味するものなのか、はたまた検討段階なのか定かではありませんが、前向きな姿勢でいることに変わりない様子。

Change.orgの署名ページでは、「World of Warcraftの中にある酒場“Worlds End Tavern”でロビン・ウィリアムズのキャラクターがお得意のジョークを披露して、いつまでもずっとみんなを笑顔にさせ続けてほしい」と綴られています。

(C) Getty Images
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『LoL』韓国選手Fakerの収入は100万ドル超、同作プロシーンで初のミリオン達成

    『LoL』韓国選手Fakerの収入は100万ドル超、同作プロシーンで初のミリオン達成

  2. 海外アダルトサイト後援のe-SportsチームにESLが警告、ポルノ広告にNG

    海外アダルトサイト後援のe-SportsチームにESLが警告、ポルノ広告にNG

  3. 綾野APとの対戦会も!スイッチ新作『ウルトラストリートファイターII 』発売記念イベントレポ

    綾野APとの対戦会も!スイッチ新作『ウルトラストリートファイターII 』発売記念イベントレポ

  4. 開発中止の『Prey 2』海外メディアが秘蔵開発エピソードを解説…お蔵入りとなった「衝撃展開」とは

  5. 動画配信サービス「Beam」名称変更、「Mixer」へ

  6. 新作リズムACT『Project Rap Rabbit』のストレッチ目標が見直し―スイッチ版の優先を検討

  7. 【特集】今からはじめるMod導入―「Nexus Mod Manager」で『Skyrim』や『Fallout』を遊び尽くす!

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. ソニーがE3 2017で「PlayStation E3 Media Showcase」を実施―様々な発表を期待!

  10. アニメ版『悪魔城ドラキュラ』ティーザー映像公開!「キャッスルヴァニア」として国内でも配信【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top