『GTA V』を訴えた米国女優リンジー・ローハン、Take-Twoは「宣伝目的」と一蹴 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GTA V』を訴えた米国女優リンジー・ローハン、Take-Twoは「宣伝目的」と一蹴

7月に『GTA V』に登場するキャラクターが、自身を元ネタにしていると訴えた女優リンジー・ローハン。開発元であるRockstar GamesとTake-Twoを相手取り、肖像の無断使用で訴訟を起こしていました。そんな訴訟問題に進展があったようです。

ゲーム文化 その他
『GTA V』を訴えた米国女優リンジー・ローハン、Take-Twoは「宣伝目的」と一蹴
  • 『GTA V』を訴えた米国女優リンジー・ローハン、Take-Twoは「宣伝目的」と一蹴
7月に『GTA V』に登場するキャラクターが、自身を元ネタにしていると訴えた女優リンジー・ローハン。開発元であるRockstar GamesとTake-Twoを相手取り、肖像の無断使用で訴訟を起こしていました。そんな訴訟問題に進展があったようです。

AP通信のThe Big Storyが報告した裁判所の書類によると、Take-Twoの弁護士はローハンの訴えにはメリットがないと主張し、「宣伝目的で提出された」訴えとの見解を示しています。また問題のキャラクターは声や名前、肖像は使用されていないと語り、若いことと金髪の女性であるということだけがローハンに似ているとコメント。訴訟費用を賄うための賠償を求め、訴訟の却下を申し立てたと伝えています。

この件に関し、AP通信はローハンの弁護士にコメントを求めましたが、返答はなかったとのこと。今回の騒動の真実は定かではありませんが、仮に「宣伝目的」だとしたら彼女は既に目的を達しているため、これ以上の裁判は無意味と判断する可能性も……?どちらにせよ、これからの動向に注目する必要がありそうです。
《水京》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『TES VI』にも出演する83歳ゲーマーおばあちゃんのドキュメンタリー映像が公開!

    『TES VI』にも出演する83歳ゲーマーおばあちゃんのドキュメンタリー映像が公開!

  2. 『ストリートファイターII』のCPU操作キャラはチーター! 検証映像で無敵やガード不可技など明らかに

    『ストリートファイターII』のCPU操作キャラはチーター! 検証映像で無敵やガード不可技など明らかに

  3. 74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて

    74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて

  4. 『The Elder Scrolls VI』82歳のおばあちゃんYouTuber“スカイリムグランマ”をNPCに!ファンたちが熱望

  5. 『グランツーリスモSPORT』のプレイで高齢者の認知機能全般が改善傾向に─デジタルシニア世代を対象とした調査や活動を展開

  6. 『グランツーリスモSPORT』『太鼓の達人』活用の「健康ゲーム指導士養成講座」が開催―超高齢社会の新たな取り組み

  7. 戦う少女アクションRPG『Indivisible』トリガー手がけるオープニングアニメーション公開!

  8. 『CoD:MW』初日から30連続キルを叩き出したNgt選手に聞く新作ならではのコツ─「今までのように“最強AR”と呼ばれ続けたい」【TGS2019】

  9. ガチョウになって悪戯しまくるステルスACT『Untitled Goose Game』配信開始!

  10. あれから15年…『ストリートファイターIII』伝説のウメハラvsジャスティン戦の別角度映像が突如発掘

アクセスランキングをもっと見る

page top