EAのXbox One向け定額サービス「EA Access」新たに19地域で提供開始、ライブラリ拡充も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EAのXbox One向け定額サービス「EA Access」新たに19地域で提供開始、ライブラリ拡充も

EAが打ち出したXbox One向けの定額サービス「EA Access」。このサービスの提供地域が広がり、9月後半にスウェーデンやチリなど、新たに19の国で提供することが明らかになりました。

ニュース 発表
EAのXbox One向け定額サービス「EA Access」新たに19地域で提供開始、ライブラリ拡充も
  • EAのXbox One向け定額サービス「EA Access」新たに19地域で提供開始、ライブラリ拡充も

EAが打ち出したXbox One向けの定額サービス「EA Access」。このサービスの提供地域が広がり、9月後半にスウェーデンやチリなど、新たに19の国で提供することが明らかになりました。

EAの発表によると、新しくサービスを開始する国は、ブラジル、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、オランダ、ベルギー、スイス、チリ、コロンビア、ポルトガル、トルコ、南アフリカ、アラブ首長国連邦、チェコ共和国、ポーランド、ハンガリー、スロバキア、ギリシャの19カ国。すでにサービスを提供しているオーストラリア、オーストリア、カナダ、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、メキシコ、ニュージーランド、スペイン、英国、米国の12カ国を合わせると31カ国でサービスを展開することになります。

また、定額でプレイできるEAタイトルのライブラリ「The Vault」には、新たに『Need for Speed Rivals』が今後数週間の内に追加されるとのこと。また6時間の制限はついていますが、『NHL 15』と『FIFA 15』のトライアルアクセスが実施され、完全版を発売より5日早くプレイ可能。データはそのまま製品版へと引き継げます。

発表からサービスの広がりを見せる「EA Access」。日本で提供されるかは不明ですが、Xbox Oneローンチを目前にして少し期待してしまいます。
《水京》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

    拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

  2. 船上サイコホラー『Layers of Fear 2-恐怖のクルーズ』Steam版が日本語に対応!

    船上サイコホラー『Layers of Fear 2-恐怖のクルーズ』Steam版が日本語に対応!

  3. 『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

    『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

  4. GOTYは『SEKIRO』が獲得!「The Game Awards 2019」各部門受賞作品リスト【TGA2019】

  5. 美麗ハクスラアクション『Blasphemous』がニンテンドースイッチで12月19日にリリース―PC版の日本語対応も

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『The Forest』開発元新作『Sons of The Forest』発表!トレイラー映像も【TGA2019】

  8. CIVライクなターン制4Xストラテジー『HUMANKIND』の新トレイラーが公開!【TGA2019】

  9. 超能力ACT『CONTROL』新モードを追加する「EXPEDITIONS」アップデート配信、新DLC「FOUNDATION」も発表【TGA2019】

  10. 「MtG」の世界を描くMMOARPG『Magic: Legends』が発表【TGA2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top