SCEがPS4向けEA Access展開を拒否「PSユーザーが期待する価値を持っていないため」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SCEがPS4向けEA Access展開を拒否「PSユーザーが期待する価値を持っていないため」

ニュース ゲーム業界

先日、Electronic ArtsがXbox One向けに発表した月額4.99ドルのEAタイトル遊び放題サービス「EA Access」。SCEがPS4へのサービス展開を拒否したことが明らかとなりました。

これは海外メディアGame Informerが、EA AccessのPS4展開に関してメールでSCEに確認を取ったことで判明したものです。それによるとSCEは、EA Accessのサブスクリプションを評価した際「PSユーザーが期待する価値を持っていない」という判断を行ったと説明しています。

さらに、PS Plus会員はPS4が発売してから200%増加したことに言及。これはゲーマーが複数のデバイスに様々なサービスを提供する1つの低価格なサービスを探していることであり、「EAタイトルに特化した月額5ドルを支払うプログラムは、PSユーザーにとって良い価値をもたらすとは思えない」と答えています。

北米でPS Plusは月額9.99ドル(年間49.99ドル)で展開しており、人気タイトルの割引やフリープレイを実施しています。8月のPS Plusメンバー向けフリーゲームラインナップはCrytekの『Crysis 3』やヴァニラウェアの『Dragon's Crown』など人気タイトルが目白押しです。過去にはIrrational Gamesの『BioShock Infinite』なども北米PS Plusメンバー向けに配布されたこともありました。

EA Accessは、月額4.99ドル(年間30ドル)で『Battlefield 4』など複数タイトルへのアクセスや、他のEAタイトルの割引などが盛り込まれています。国内でPS Plusは月額476円+税(年間4762円+税)でフリープレイタイトルも北米と異なっているため、単純な比較を行うことは難しいです。EA Accessが今後どのように展開をするのか、Electronic Artsの動向に注目です。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 57 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 2017年3月度のデジタルゲーム市場売上は前年比7%増、『ハースストーン』モバイル版は前月から倍増

    2017年3月度のデジタルゲーム市場売上は前年比7%増、『ハースストーン』モバイル版は前月から倍増

  2. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  3. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

    カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  4. 噂: 「ミニスーパーファミコン」がクリスマスに海外発売か

  5. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  6. 任天堂、平成29年3月期決算発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算384万本、ニンテンドースイッチは274万台販売

  7. 『ストV』新コスなどがまとめて買える「Premier Pass」期間限定販売中

  8. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  9. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  10. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top