SA版『DayZ』プロデューサー、ユーザーが心配する開発状況にコメント「まだ『DayZ』ではなく早期ビルド」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SA版『DayZ』プロデューサー、ユーザーが心配する開発状況にコメント「まだ『DayZ』ではなく早期ビルド」

Steam早期アクセスを通してリリースされている同作ですが、現在も解消されていないバグやチート行為などに対しユーザーからは不安の声も漏れています。同作のプロデューサーがそんな声に対してフォーラムにてコメントを残しました。

PC Windows
2013年12月に発売をむかえ現在もSteamの売上ランキングでトップを維持しているスタンドアローン版『DayZ』。開発中のゲームを販売するSteam早期アクセスを通してリリースされている同作ですが、現在も解消されていないバグやチート行為などに対しユーザーからは不安の声も漏れています。同作のプロデューサーがそんな声に対してフォーラムにてコメントを残しました。

これは「Has Anyone Else Lost Faith in DayZ?」の名で立てられた『DayZ』公式フォーラムのスレッドに、プロデューサーのBrian Hicks氏が応答したもの。同スレッドでは最新パッチが配信されてもいまだバギーな状態の同作に対する批判の声が集まっており、Hicks氏は「正直なところ、私には9ページもの投稿を見通す時間はないので、最初と最後の投稿に返答しよう」とコメントしています。

まずHicks氏は「きみたちはまだ『DayZ』をプレイしていない、プレイしているのは開発中のビルド、早期の開発ビルドだ」と発言。「3年間が通常の開発サイクルであるなかで、『DayZ』は11ヶ月間で基礎を作り上げてきた」と続け、早期の開発段階にある現在の『DayZ』を評価するのは、筆の書き出しだけで絵を評価することと同類だと説明しています。

すこし休憩してベータかフルリリースの時に戻ってきて欲しいとも伝えているHicks氏。今年8月のgamescom 2014ではPS4向けのリリースも発表されたSA版『DayZ』ですが、2013年12月のPC版発売から同作のベータフェイズ移行には1年以上の期間が必要であると伝えられています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 【吉田輝和の絵日記】原始時代街作りシミュ『Dawn of Man』神になった気分で未開の地に文明を築く!

    【吉田輝和の絵日記】原始時代街作りシミュ『Dawn of Man』神になった気分で未開の地に文明を築く!

  2. 『モンハン:ワールド』PC版に高解像度テクスチャパック発表!無料DLCとして提供へ

    『モンハン:ワールド』PC版に高解像度テクスチャパック発表!無料DLCとして提供へ

  3. Steam、新ライブラリUI情報を公開!所持ゲーム関連イベントを一括確認できる新機能も発表【UPDATE】

    Steam、新ライブラリUI情報を公開!所持ゲーム関連イベントを一括確認できる新機能も発表【UPDATE】

  4. PC版『アサシン クリードIII リマスター』要求スペック公開!4K向けの推奨スペックも

  5. 宇宙ステーションADV『Tacoma』期間限定で無料配布中―ストーリーが魅力の高評価タイトル

  6. 中国学生生活ゲーム『中国式家長 / Chinese Parents』日本語版の制作が決定

  7. 自動工場建設ゲーム『Satisfactory』の早期アクセスが開始―レッツ惑星開拓!【UPDATE】

  8. 青春ホラーADV『Oxenfree』Epic Gamesストアで期間限定無料配布中―次回配布は『The Witness』

  9. 『ファイプロ ワールド』新DLC「ファイティングロード:Jr.ヘビー級編」配信開始―GDC 2019では新情報も?

  10. 荒野の大規模オープンワールドRPG続編『Kenshi 2』開発開始―前作の1,000年前が舞台

アクセスランキングをもっと見る

1
page top