なぜか「力士」が主人公の相撲2Dアクション『Sumoman』が登場、力士がコロコロと飛んで回る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

なぜか「力士」が主人公の相撲2Dアクション『Sumoman』が登場、力士がコロコロと飛んで回る

意外にも世の中にはさまざまな相撲を題材にしたゲームが存在しますが、なぜか「力士」が邪悪な魔導師に立ち向かいコロコロと飛び回る2Dアクション『Sumoman』が海外にて開発中です。

PC Windows

自分が親方になって部屋育成を楽しめる『日本大相撲』から物理演算の馬鹿っぽさを楽しめる『Sumotori』まで。意外にも世の中にはさまざまな相撲を題材にしたゲームが存在しますが、なぜか「力士」が邪悪な魔導師に立ち向かいコロコロと飛び回る2Dアクション『Sumoman』が海外にて開発中です。

『Sumoman』はTequilabyte Studioが開発中の2Dアクションゲーム。プレイヤーは相撲トーナメントから故郷の島へと帰ってきた若き「Sumoman」を操作し、邪悪な魔導師によって永遠の眠りに誘われた島民や美しき大名の娘たちを救い出すことになります。

ゲームは物理演算や破壊可能なオブジェクトを利用したパズルアクションとなっており、さまざまな仕掛けがプレイヤーと「Sumoman」を待ち受けます。また「Sumoman」は時間を巻き戻す能力をもっており、ミスを犯しても即座にその場でリトライ可能です。なぜ力士が時間を巻き戻せるのかは謎です。

なおこのほかにもシングルプレイヤーを画面分割し2人でプレイするモードも用意されており、それぞれレースルールとKing of the Hillルールが用意されているとのこと。


かなり気合いの入ったサウンドエフェクト収録に美麗なグラフィックも確認できるなど、「力士」をテーマにした奇抜な作品ながらもまともに遊べるタイトルとなっていることがうかがえる『Sumoman』。開発陣によれば同作の開発には2年以上を投じており、今年開催された第6回IGF Chinaの本戦にてファイナリストに選ばれたこともあります。

『Sumoman』は現在Steam Greenlightに登録されており、Steamでの配信を目指しています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 非合法経営シム『Basement』正式版が配信開始―夢のゲームを開発するために違法薬物を売買!

    非合法経営シム『Basement』正式版が配信開始―夢のゲームを開発するために違法薬物を売買!

  2. 3DACT『クロワルール・シグマ』Steam版が家庭用機版追加要素と日本語収録で再販!旧版所有者は期間限定で76%OFF【UPDATE】

    3DACT『クロワルール・シグマ』Steam版が家庭用機版追加要素と日本語収録で再販!旧版所有者は期間限定で76%OFF【UPDATE】

  3. ディストピアADV『We Happy Few』ビクトリア・ビングが主人公の最終DLC「We All Fall Down」11月19日配信…ローンチトレイラーも公開

    ディストピアADV『We Happy Few』ビクトリア・ビングが主人公の最終DLC「We All Fall Down」11月19日配信…ローンチトレイラーも公開

  4. 『マインクラフト』世界合計アカウント数が4億8,000万到達!中国では3億アカウントに

  5. 基本プレイ無料で低スペックPCでも遊べる『PUBG LITE』事前登録スタート!ドン勝メダルやBPが手に入る登録者数キャンペーンも

  6. 飛行機乗客シミュレーター『Airplane Mode』2020年にSteamでテイクオフ!タキシング、離陸、機内食など徹底再現

  7. 【吉田輝和の絵日記】惑星探検SFRPG『アウター・ワールド』欠点は短所にあらず、ニガテを増やしてパワーアップ!

  8. 『R6S』新シーズン「シフティングタイド」詳細情報!新オペレーターやマップ「テーマパーク」リワークなど

  9. 『ライザのアトリエ』Steam版アップデートが配信、解像度変更・3ボタンマウスサポートなど

  10. 4人協力RPG型タワーディフェンス『Dungeon Defenders』2011年の初作に最終アップデートが配信

アクセスランキングをもっと見る

page top