『Assassin's Creed Unity』の動作仕様にプロデューサーが言及、AIのためコンソール版は900p/30fpsに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Assassin's Creed Unity』の動作仕様にプロデューサーが言及、AIのためコンソール版は900p/30fpsに

家庭用ゲーム PS4

北米と欧州では11月の発売が迫りつつあるアサクリシリーズ最新作『Assassin's Creed Unity』。シリーズではじめてPCと次世代機向けにプラットフォームを絞り、公開されてきたトレイラーから美麗なビジュアルが確認できた同作ですが、Ubisoftのシニアプロデューサーが改めてコンソール版の解像度とfpsに言及しました。

シニアプロデューサーのVincent Pontbriand氏は、海外メディアVideo Gamerに対しPS4版およびXbox One版は900p/30fpsにロックされていることを明らかにしています。Pntbriand氏によれば、GPUではなくコンソールのCPUのためにゲームのパフォーマンスを改善することができず、すべての議論や物事を避けるために今回の動作仕様に至ったとのこと。またCPUのボトルネックがAIに起因するものであることを説明しています。
    Vincent Pontbriand: 技術的に我々はCPUに縛られている。GPUは非常に強力だしグラフィックスはとても良いんだが、CPUはAIや複数のNPCをスクリーン上で処理しなければならない。これらすべてのシステムを平行させつつね。

    すぐにCPUがボトルネックになって少しフラストレーションを感じるようになった。すべてのAIを10倍は利口にしようと考えていたんだが、それがとてもむずかしいことだと理解したよ。ポリゴン数はフレームレートに影響を与えていない。グラフィックスだけの問題なら100fpsでも動かせたが、AIのために30fpsに制限することとなったんだ
なお昨年リリースされたPS4/Xbox One版『Assassin's Creed IV: Black Flag』は900p/30fpsにて動作。PS4版はのちにパッチがリリースされ1080pへと解像度がアップされていました。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 84 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

    『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

  2. 『レインボーシックス シージ』「アルファパック」PS4版実装日が決定

    『レインボーシックス シージ』「アルファパック」PS4版実装日が決定

  3. 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』新キャラ収録の海外ゲームプレイ

    『マーベル VS. カプコン:インフィニット』新キャラ収録の海外ゲームプレイ

  4. 『Destiny 2』オープンベータテスト期間が延長、日本時間7月26日まで実施

  5. 『Crackdown 3』テリー・クルーズ演じる「Jaxon」の姿が明らかに!

  6. 隠しコマンドで真豪鬼が!『ウルトラストリートファイターII』新プレイ映像

  7. 『レインボーシックス シージ』XB1版に「アルファパック」実装!PS4版も近日

  8. 「PS Now」PS4タイトルの配信がスタート、実際のプレイ感は?

  9. 「ニンテンドースイッチ」3月3日発売! 価格は29,980円

  10. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

アクセスランキングをもっと見る

page top