Ninja Theory『Hellblade』開発費は30万本で回収可能、新デベロッパーダイアリーにて言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Ninja Theory『Hellblade』開発費は30万本で回収可能、新デベロッパーダイアリーにて言及

今年のgamescomにて発表された『Hellblade』。Ninja TheoryがPS4向けに新たに開発を進めている作品ですが、同スタジオの最新デベロッパーダイアリーにて、トリプルA作品、インディー作品に次ぐ新たなゲームの製作方法について言及しています。

家庭用ゲーム PS4
Ninja Theory『Hellblade』開発費は30万本で回収可能、新デベロッパーダイアリーにて言及
  • Ninja Theory『Hellblade』開発費は30万本で回収可能、新デベロッパーダイアリーにて言及
  • Ninja Theory『Hellblade』開発費は30万本で回収可能、新デベロッパーダイアリーにて言及
  • Ninja Theory『Hellblade』開発費は30万本で回収可能、新デベロッパーダイアリーにて言及


今年のgamescomにて発表された『Hellblade』。『Enslaved: Odyssey to the West』や『DmC』などの開発を手がけたNinja TheoryがPS4向けに新たに開発を進めている作品ですが、同スタジオの最新デベロッパーダイアリーにて、トリプルA作品、インディー作品に次ぐ新たなゲームの製作スタイルについて言及しています。

もとより「インディペンデント・トリプルAタイトル」として開発が進められている本作。開発マネージャーのDominic Matthews氏は、クオリティを大作のそれに負けないほどのものにし、より限定されたユーザーに向けた作品作りを意識していると説明。オンラインでの配信といった方法でゲームを販売することが可能になり、プラットフォーム・ホルダーが受け口を広げたことで、ここ数年でパッケージングや輸送などは大きな障害にはならなくなったとのこと。『Hellblade』はデジタル・ディストリビューションの利点をフルに活用した配信向け作品となるのかもしれません。

本作の開発スタッフは現在13名。Matthews氏は「人員を最低限に保ちコストを抑えた上で20万本から30万本程度売れることで、開発費の回収が可能になる」とも説明。更にクリエイティブディレクターのTameem Antoniades氏は「全員が楽しめる全ての要素が含まれた作品というものではないが、自分たちの情熱を注ぎ、自分たちが得意なものを自分たちのファンやサポーターに届ける」との意気込みを見せています。

デベロッパー映像では、モーションキャプチャーやカメラワークからアパレルなどのマーチャンダイズの製作などまで、様々なことを試行錯誤しながら進めている様子が垣間見れます。Ninja Theoryの腕のあるスタッフによりクオリティを高く保たれながらも小規模なチームで作られている本作。トリプルA作品のクオリティとインディー作品ならではのこだわりのどちらも感じ取れる、新しいスタイルの作品が市場に現れることになるのかもしれません。
《ハンゾウ@編集部》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』新オペレーター“Gridlock”、“Mozzie”が発表!AshのACOG削除など調整も公開に

    『レインボーシックス シージ』新オペレーター“Gridlock”、“Mozzie”が発表!AshのACOG削除など調整も公開に

  2. 『Anthem』発売後のアップデートに関する詳細が海外公開ーイベント追加やソーシャル関係の更新を予定

    『Anthem』発売後のアップデートに関する詳細が海外公開ーイベント追加やソーシャル関係の更新を予定

  3. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

    【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  4. 『Fallout 76』まもなく配信予定のパッチ6で収納箱の容量が800へ増加―内容が一部公開

  5. Co-opアクション『Anthem』の先行プレイが開始!―EAの定額サービス利用者対象

  6. 『Apex Legends』Twitchにおける1日の視聴時間合計が840万時間に―『フォートナイト』を超える記録

  7. 『DEAD OR ALIVE 6』に「不知火 舞」が参戦決定―SNKコラボでさらにもう1人登場予定

  8. 『World War Z』「Fixer」クラス紹介トレイラー公開!爆発物でゾンビを一網打尽

  9. 『バトルフィールドV』「電撃の洗礼」アップデート3間もなく配信!Co-op「コンバインド・アームズ」が登場

  10. 『Apex Legends』初のアップデートが配信!バレンタイン期間限定のアイテムも

アクセスランキングをもっと見る

page top