課金要素の存在も囁かれる『Just Cause 3』の噂にAvalancheのボスが言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

課金要素の存在も囁かれる『Just Cause 3』の噂にAvalancheのボスが言及

ニュース

先日、海外掲示板Xbox Undergroundにてスクリーンショットが掲載され(現在、新たなスクリーンショットも追加されています)、Free-to-Playやマイクロトランザクション要素の存在も囁かれていた未発表タイトル『Just Cause 3』。現段階では真偽不明なこの噂について、Avalanche Studiosのボス Christofer Sundberg氏が言及しました。



Sundberg氏はAvalancheが現在手がけているF2Pタイトルは1本だけであり、それは2009年にリリースされていると主張(狩猟ゲーム『The Hunter』の事)。更なるF2Pタイトルの存在については否定しました。合わせて「数日間の静寂を楽しんでください。あなたが心配する事は何もありません。約束します」と伝えており、近いうちに何らかの発表が行われる事を示唆しています。

なお、マイクロトランザクション要素の存在については言及しておらず、今後の続報が待たれるところです。ちなみに、Sundberg氏は以前に「マイクロトランザクション、サブスクリプション、その他のビジネスモデルはゲームの次なる世代」、「上手く行けば初期の価格を下げ、コミュニティーとゲームを構築する事ができる」と発言しており、マイクロトランザクションに比較的前向きな姿勢を見せていました。

加えて、Sundberg氏はそのビジネスモデルには良い面と悪い面があり、まだ最適な解決策は見つかっていない(発言当時の時点で)としながらも、「品質には妥協しないし、お金のために魂を売ることは決してありません」と断言しています。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 暴力ゲーム規制法案を作成したリーランド・イー米上院議員、銃器密売容疑で逮捕

    暴力ゲーム規制法案を作成したリーランド・イー米上院議員、銃器密売容疑で逮捕

  2. 米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

    米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

  3. Steam旧正月セールがスタート! ウィッシュリストも使いやすく改良

    Steam旧正月セールがスタート! ウィッシュリストも使いやすく改良

  4. “ルートボックス”をマイニング?海外でユニークなサービスが開始に

  5. ウメハラら有名プロゲーマー達がe-Sports緊急座談会!「ゲームと金」2018年2月18日開催

  6. CDPRの共同設立者がルートボックス議論に反応「フルプライスのゲームは洗練されたコンテンツであるべき」

  7. 【漫画じゃんげま】133.「受け継がれし意志」の巻

  8. 『モンハン』×「デカビタC」コラボTVCMで生田斗真や池松壮亮らがハンターに!?

  9. 人気農業シム最新作『Farming Simulator 19』発表! 新たなエンジンで大幅強化

  10. なぜ日本製ゲームで”おま語”が起きるのか?―CD PROJEKT本間氏がTwitterで語る【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top