噂: 海外掲示板に『Just Cause 3』のスクリーンショットが掲載、課金要素の搭載も検討か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: 海外掲示板に『Just Cause 3』のスクリーンショットが掲載、課金要素の搭載も検討か

ニュース

今年4月にも開発の噂が浮上していたAvalanche Studiosの人気オープンワールドアクションシリーズ最新作『Just Cause 3』ですが、同作のものと思われるスクリーンショット4枚が海外掲示板Xbox Undergroundに掲載され話題となっています。

敵との銃撃戦、ブラックマーケットでの車両購入、チャレンジミッションらしきシーン、広大なマップを空から見下ろしたシーンが収められたこれらのスクリーンショットは、Xbox One版のデバッグビルドで撮影されたものであるとの事です。

ブラックマーケットでの車両購入は過去作と同様にインゲームクレジットで行うようですが、残高表示の横にインゲームクレジットの追加購入を示唆する一文が記載されており、本作ではマイクロトランザクション要素が導入されるのではないかとも囁かれています。

プロジェクトに近い匿名の情報提供者がEurogamerに伝えたところによれば、『Just Cause 3』のPC版はFree-to-Play、コンソール版はマイクロトランザクション要素を備えた有料タイトルとする計画があったのだそうです。しかしながら情報提供者はその計画が変更されたと推測しており、マイクロトランザクション要素は搭載されないかもしれないと伝えています。

『Just Cause 3』は正式には発表されていないため、今回のスクリーンショットが本物であるかどうかは不明。とはいえ新作を待ち望むファンはこれらのスクリーンショットから様々な想像をふくらませるのではないでしょうか。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 暴力ゲーム規制法案を作成したリーランド・イー米上院議員、銃器密売容疑で逮捕

    暴力ゲーム規制法案を作成したリーランド・イー米上院議員、銃器密売容疑で逮捕

  2. 米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

    米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

  3. “ルートボックス”をマイニング?海外でユニークなサービスが開始に

    “ルートボックス”をマイニング?海外でユニークなサービスが開始に

  4. ウメハラら有名プロゲーマー達がe-Sports緊急座談会!「ゲームと金」2018年2月18日開催

  5. Steam旧正月セールがスタート! ウィッシュリストも使いやすく改良

  6. CDPRの共同設立者がルートボックス議論に反応「フルプライスのゲームは洗練されたコンテンツであるべき」

  7. 【漫画じゃんげま】133.「受け継がれし意志」の巻

  8. 人気農業シム最新作『Farming Simulator 19』発表! 新たなエンジンで大幅強化

  9. なぜ日本製ゲームで”おま語”が起きるのか?―CD PROJEKT本間氏がTwitterで語る【UPDATE】

  10. 暴力ゲームを非難した全米ライフル協会が銃撃ゲームの販売をiOS向けに開始

アクセスランキングをもっと見る

page top