マイクラ風サンドボックス『SkySaga: Infinite Isles』発表トレイラー、元Blitz Gamesスタッフが開発 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

マイクラ風サンドボックス『SkySaga: Infinite Isles』発表トレイラー、元Blitz Gamesスタッフが開発

PC Windows

マイクラ風サンドボックス『SkySaga: Infinite Isles』発表トレイラー、元Blitz Gamesスタッフが開発
  • マイクラ風サンドボックス『SkySaga: Infinite Isles』発表トレイラー、元Blitz Gamesスタッフが開発


開発スタジオ「Radiant Worlds」が開発を手がけた『SkySaga: Infinite Isles』のアニメーションアナウンストレイラーが公開されました。Radiant Worldsは2013年に設立されたスタジオ。歴史が長いとは言えませんが、その実は元「Blitz Games Studios」のスタッフで構成されています。Blitz Games Studiosは23年に及ぶ歴史を持ち、『Epic Mickey 2: The Power of Two』などを製作した実績はありましたが、2013年に閉鎖。その後設立者のPhilip Oliver氏とAndrew Oliver氏、同スタジオに参加していたRichard Smithies氏がRadiant Worldsを立ち上げました。


本作は、『Minecraft』にも似たサンドボックス型アドベンチャー作品。プレイヤーが持つ島のカスタムなどが可能となっており、様々な素材を用いてお気に入りのホームを作成することが可能に。しかしながら映像からわかるとおり、キャラクターなどのグラフィックは異なるものになっています。またPCでプレイが可能である本作ですが、F2Pタイトルとなっています。ゲーム内課金にて運営が行われている本作は、米Kotakuによるとキャラクターの外見や進行をブーストさせるアイテムなどが販売しているとのこと。

様々な島が存在する世界を舞台に、そのひとつひとつで冒険を繰り広げることとなるプレイヤー。島の中にはPvPが可能な島もあり、キャプチャーザフラッグにて競い合うことも可能です。

米Kotakuでは本作を『Bastion』や『ゼルダの伝説』に通じるキャラクターや世界観もある、と伝えており、独特のサンドボックス型アドベンチャー作品となっているかもしれません。
《ハンゾウ@編集部》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Steam版『真・三國無双8』日本語UIが無料アップデートで配信決定

    Steam版『真・三國無双8』日本語UIが無料アップデートで配信決定

  2. 『バトルフィールド』最新作はリアルタイムVFXに焦点を当てていることが判明

    『バトルフィールド』最新作はリアルタイムVFXに焦点を当てていることが判明

  3. 2018年の『Call of Duty』最新作にグラフィックの新機能が搭載予定か―求人から判明

    2018年の『Call of Duty』最新作にグラフィックの新機能が搭載予定か―求人から判明

  4. Steam版『世界一長い5分間』配信!物語はラスボス「魔王」の目の前から始まる

  5. 『レインボーシックス シージ』ディレクター、ルートボックスについて語る―「私たちは貪欲であるとは思わない」

  6. 『レインボーシックス シージ アドバンスエディション』販売店別特典が決定―先行販売されていたグッズも予約開始

  7. PC版『PUBG』テストサーバー更新!Pingでのマッチング調整も近日実装予定―新マップにも言及

  8. VRゲーム『Sacred Four』がリリース―鎖に繋がれた神剣で巨大な敵を打ち倒せ

  9. 『レインボーシックス シージ』「Outbreak」寄生虫との戦いが遂に披露―18分ゲームプレイも

  10. Amazonが「Twitch Prime」会員向けプレゼント企画を始動、無料でインディーゲームを獲得できる投票イベント

アクセスランキングをもっと見る

page top